2017年 5月 の記事

フロートを浜から遠投してメバルを狙う

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【名前】山本 智一
【釣行日】2017年5月28日
【都道府県】香川県
【釣り場】高松市内サーフ
【魚種】メバル
【使用したウキ】クレイジグレンジキープ0.4g
【天気】晴れ
【ブログ】http://shin.naturum.ne.jp/e2925032.html
【レポート】
この日はイカナゴ付きのメバルを狙いに、市内のサーフへ。
この時期はフロートを浜から遠投してメバルを狙う釣り方が、このエリアの風物詩。

フロートの下にはクレイジグレンジキープ0.4gを付けて沖の潮目を攻めると、良型メバルが顔を見せてくれました。

フロート側のリーダーが10lb、ジグヘッド側のリーダーが4lb、その間をスマートスイベルで接続するのが自分の釣り方。
フロート側のリーダーを強くすることでキャスト切れを防ぐとともに、極小スイベルで違和感なく軽量ジグヘッドを漂わすことができます。

ヒットワームは、グリリン1.6インチ(カスミクリア)。
クレイジグレンジキープ0.4g #8のサイズにピッタリでした。


インターシンカーのテキサスリグでメバル・クロソイの良型をGET!

dsc_0257dsc_0279dsc_0276

【名前】阿部慶行
【釣行日】2017年5月28日
【都道府県】青森県
【釣り場】陸奥湾
【魚種】メバル, ロックフィッシュ
【使用したウキ】インターシンカー5g、7g
【天気】曇り
【ブログ】http://www.fimosw.com/u/rockfishbaka
【レポート】
青森県陸奥湾ボートメバルゲーム。

メバルが釣れてるとのことで急遽予定を立ててこの日はボートメバルを満喫。

水深が15~20mラインで調査開始。
メバルは早い動きよりもよりスローな動きにバイトする傾向が強い。

そのため、極力底取りが出来るようインターシンカーの5gと7gのテキサスリグでバーチカルに誘いをかける。

これに合わせるのは3.5inchワーム。
このサイズでゆっくり誘い良型に的を絞る。

メバルのわずかなバイトでもしっかりとルアーを吸い込みやすいのがグッド。
そして根廻でもしっかりと操作することが出来る。

インターシンカーの根掛かり回避性能と感度によりこの水深でも釣りが成立。

メバル・クロソイの良型が釣れ、その性能をフルに発揮できた釣行となった。


ガンガンジグminiとクレイジグ波動カスタムで狙うボートメバルゲーム

dsc_0263 20170528_151638 dsc_0240

【名前】阿部慶行
【釣行日】2017年5月28日
【都道府県】青森県
【釣り場】陸奥湾
【魚種】メバル, ロックフィッシュ
【使用したウキ】ガンガンジグmini、クレイジグ波動カスタムガンガンジグmini 7g、クレイジグ 3.5g
【天気】曇り
【ブログ】http://www.fimosw.com/u/rockfishbaka
【レポート】
青森県陸奥湾ボートメバルゲーム。

この日ガンガンジグminiとクレイジグ波動カスタムモデルを使用してメバルを狙う。

潮が早いエリアで水深が20mの場合はガンガンジグmini、潮が10m前後で潮が緩い場合はクレイジグ波動カスタムモデルという使い分けで釣りを組み立てる。

ガンガンジグminiで大きくリフトしてゆっくりフォール、フォールさせるときにバイトが出るので即アワセ。

クレイジグ波動カスタムモデルはレンジを刻みながらのデッドスローのスイミングで誘いをかける。

浮いている個体もボトムにステイする魚を狙うことで多くの良型メバルと戯れることができた。

この使い分けは皆さんがボートメバルをする際は、是非試していただきたいと思う。


ベビータックルで狙うハードロックフィッシュ

dsc_0225 dsc_0217
【名前】阿部慶行
【釣行日】2017年5月21日
【都道府県】宮城県
【釣り場】牡鹿半島界隈
【魚種】ロックフィッシュ
【使用したウキ】インターシンカー28g、35g
【天気】晴れ
【ブログ】http://tsuri-kahoku.jp/sp/chokouki/2017/05/161166.html?top_area=topics
【レポート】
この日は釣り河北さんのボートロック取材。

フィールドは根魚の魚影が濃い宮城県牡鹿半島界隈である。

この日使用したのはインターシンカー28gと35g。

水深がある20m~30mでは35gを使用。
この重さがあれば底取りがしやすいのがインターシンカー35g。

ディープロックなども範囲に入っているので、水深があるときは重宝すると思う。

ベビータックルで狙うハードロックフィッシュでこの日は海草や藻場をインターシンカー28g,35gで海草の奥を狙うパンチングで誘う。

海藻ジャングルから出てきたのは良型のベッコウゾイ!

貴重な魚をしっかりと釣れてきてくれるのはインターシンカーの操作性と感度が優れているからであろう。

ハードタックルでヘビーカバーやディープ攻略、その他遠投する際にはオススメのシンカーである。


ニューハーフのシステムが最高!!

1496067655987

【名前】古市 雅大
【釣行日】2017年5月27日
【都道府県】香川県
【釣り場】高松沖
【魚種】真鯛
【使用したウキ】ニューハーフ45グラム 赤
【天気】晴れ
【レポート】
安定してきた高松沖!
鯛狙いです。

やはり、このニューハーフのシステムが最高!!
まだまだ現役です。

 


ボトム着底からのジャーク一発目でヒット!!

img_6819 temporary

【名前】弘中 優太
【釣行日】2017年5月27日
【都道府県】神奈川県
【釣り場】福浦岸壁
【魚種】その他
【使用したウキ】ガンガンジグ230g/アカキン
【天気】晴れ
【ブログ】http://ameblo.jp/himanahito-himajin3/entry-12278366238.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=e64b683bd4bd4c8495abe86e58b9cc21
【レポート】
まだ薄暗い時間帯の朝まずめにエントリー。
ガンガンジグ2の30gをフルキャスト後フリーフォール。
ボトム着底からのジャーク一発目でヒット!!

小型ながら周りが苦戦している中での一本だったので非常に満足でした。


青森県陸奥湾でライトロックゲーム

dsc_0227 dsc_0229 dsc_0230

 

【名前】阿部慶行
【釣行日】2017年5月27日
【都道府県】青森県
【釣り場】陸奥湾
【魚種】メバル, ロックフィッシュ
【使用したウキ】クレイジグレンジキープ1.5g
【天気】雨
【レポート】
この日は青森県陸奥湾にてライトロックゲーム。

メバルが釣れてるとのことで片道5時間もの道のりを走り現地へ向かう。

雨が降ってくるなか海中はメバルの群れが泳ぐのが見える。

クレイジグレンジキープで着底させたらあとはレンジを刻みながらデッドスロー。

好奇心旺盛なメバルが果敢にアタックしてくる。

反応が薄れてくるときにレンジをシビアにトレース出来るのがクレイジグレンジキープの特徴。

これでメバルに口を使わせることが容易に出来るため、タナが変わりやすい時には重宝するジグヘッドである。


水深20~30mのフィールドで、ライトジギングロッドで根魚、フラット、小型青物狙い。

1

23

【名前】小野博司
【釣行日】2017年5月21日
【都道府県】福岡県
【釣り場】玄界灘糸島沖
【魚種】ロックフィッシュ, その他
【使用したウキ】ガンガンジグⅡ60g UV シルバー
【天気】晴れ 凪
【レポート】
【タックル】 ロッドAbuGarcia OCEANFIELD LightJigging OFLJC-62/120
Ocea CALCUTTA 301HG ラインPE1.5号、リーダー20Lb

今回の釣行は、新しく発売されたガンガンジグSLを使い倒すつもりでマイボートでの出航したが、風も無く、凪で潮とボートが同調して流れるので、ガンガンジグⅡの60gで十分底が取れSLの出番が少なかったが、使用感としては、シャクりやすく、いい意味でガンガンジグでした。
次の釣行で更に使い込んでみたいと思います。
今回は水深20~30mの近海の自然礁がフィールドで、ライトジギングロッドで根魚、フラット、小型青物狙い。
40gのジグを使うと、小型のアラカブ、アコウがヒットしてくるので60gに変更。
丁寧にあまりジグを跳ねさせないようローレスポンス的なシャクりでアコウがヒット。その後、ヤズをフォール中に1本、着底から数回シャクった所で2本。
ヤズですがライトタックルでのやり取りは楽しい。
今日は天気が良かったのと浅い場所だからか、UVシルバーが当たりカラーのようでした。
真夏を思わせるような天気で気温も高いですから、熱中症にならないように気を付けて、安全に釣りを楽しみましょう。

 

 

 

 


ブレイクをなぞるようにスイミングで探ってキャッチ

DSC_0137

DSC_0133

【名前】鈴木 貴博
【釣行日】2017年5月20日
【都道府県】宮城県
【釣り場】石巻市大曲サーフ
【魚種】その他
【使用したウキ】ボトムアッパー21g
【天気】曇り
【ブログ】http://teamnobites.naturum.ne.jp/e2921636.html
【レポート】
この日は用事があったため朝の短時間釣行。
到着して先行者が多数で皆さん遠投で狙って手前は回収してる感じだがバイトはない様子。
自分は手前のブレイク中心に
ボトムアッパー21gでボトムを丁寧に探るが反応がなくブレイクをなぞるようにスイミングで探ると
ゴンッ?
一本で帰ろうと思ってたのがジャスト60。
リフト&フォール、ずる引き、スイミングと
その日のパターンにアジャストさせやすく
使いやすいジグヘッドです(^_^)


クレイジグレンジキープをワインドでダート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【名前】山本 智一
【分類】[category]
【釣行日】2017年5月19日
【都道府県】香川県
【釣り場】東讃エリア漁港
【魚種】メバル
【使用したウキ】クレイジグレンジキープ3.5g
【天気】晴れ
【ブログ】http://shin.naturum.ne.jp/e2920216.html
【レポート】
この日はリトリーブに反応が無かったので、常夜灯が効いた漁港内の岸壁をワインドでダートさせて狙ったところ、ガツンとアタックしてきました。
リトリーブで狙うよりもバイトの出方が明確で、フッキングの衝撃が病みつきになりそうです。

クレイジグレンジキープは、一定層のリトリーブだけでなく、ワインドにも使えるのでお気に入りです。

ヒットルアーのドリームダート8 2インチ(ハイボール)との相性も抜群で、綺麗にダートしてくれました。


TOP