TOP > 釣研30年の歩み
30周年記念バナー

釣研30年の歩み

1980年、福岡県北九州市で、釣研の前身「九州釣研究所」は産声を上げました。
それまで、ウキといえば1つ百円くらいで、釣具店の片隅に山積みされている「釣り小物の一つ」として扱われているのが常でした。
最初に売りに出された釣研ウキは、その常識を打ち破る六百円。それでも、「釣れるウキ」という声は瞬く間に広まり、全国の皆様にお使い頂くこととなるまでに、長い時間はかかりませんでした。
ウキの歴史を塗り替えてきた矜持を胸に、私たちはこれからも、歩みを続けます。
▲ページトップへ
1980-1989

1980年

「九州釣り研究所」として北九州市で創業

1984年

「高園ウキ」「斉田グレ」発売

1988年

釣研ファングループ発足
「B・Mウキ」発売

1989年

第1回バリ釣り選手権開催
▲ページトップへ
1990-2000

1990年

創業10周年
「エキスパートグレ(初代)」発売

1993年

低浮力フロート「インテグラル」シリーズ発売
第1回WFG(ワールドフィッシングガイアオブグレ)開催

1995年

メタル素材を使用したウキを発表
「立石ウキ」発売開始

1996年

世界初のケミホタル内蔵ウキ「インナーケミ」発売

1997年

「アウトパル」シリーズ発売
「エキスパートグレSP」発売

1998年

「ウキ釣りセット」発売
メタル素材を使用した「水中ウキ」発売

1999年

「Tフロート」シリーズ発売
「名称餌木」発売
「ハリスウキ」発売
▲ページトップへ

2000年

創業20周年
新浮力基準「000号」発表

2003年

「ツインフロート」シリーズ発売

2005年

Xストレーナー搭載「全遊動X」シリーズ発売

2008年

デュアルウエイト構造採用「ハイパーレスキュー」発売

2009年

磯用道糸・ハリス「フリクションゼロ」「ゼロアルファ」発売
「全遊動TECHNICAL」発売
磯用ロッド「フロートマスターT」発売

2010年

創業30周年
オリオン構造採用「V7」発売
「ウィンドレジスター」発売
1980-1989

2011年

2013年

2014年

2016年

▲ページトップへ