TOP > イベント案内 > 2010年 > ドリームオープンカップ磯 東九州大会
イベント最新情報
9/12 2010年度ドリームオープンカップ磯 東九州大会

9月12日(日)、2回目の開催となる2010ドリームオープンカップ磯・東九州大会が大分県鶴見一帯にて開催された。
昨年の開催以来大きな話題となっているこの大会の最大の特色は、全国の釣り用品メーカー8社がその垣根を越えて共同で開催するところにあり、この東九州会場はその3か所目として6月に開催を予定していたが、猛威をふるった口蹄疫の影響もあり、この日へと順延とされていたものである。

受付開始と同時に、九州各県より集まった合計124名の男女の腕自慢が顔をそろえ、5隻の渡船に分かれて鶴見一帯の磯へと展開。午前6時の競技開始と同時に、各磯で熱戦の火蓋が切って落とされた。
当日は波も穏やかであり、沖磯の好ポイントにも渡礁が叶う状況。しかしながら例年にない猛暑が続いていることもあり、通常とは全く違った形での攻略が必要となるポイントも多かったようである。それでも竿出し早々に正体不明の大物のアタリが連発し、バラシの憂き目に遭遇したという磯も多数あった他、良型の尾長グレを水面まで浮かせたもののハリ外れに涙をのんだという参加者もあり、今年も各磯で熱いドラマが繰り広げられた。

午後2時、競技を終えた選手たちが次々と帰港し、釣果が検量所へと持ち込まれる。5尾までの重量で検量されるグレを始め、イサキやブダイ、ボラ、マダイなど、多くの魚が検量台に載せられた。
検量の結果、メイン種目であるグレの部は中村元揮選手(大分)が5尾3340gの釣果で、昨年度の優勝者である鶴原修選手(福岡)を690g差でかわしてドリームオープンカップ東九州大会優勝の栄冠を勝ち取ると同時に、共催メーカー各社より、抱えきれない程の賞品を贈呈された。また、各メーカーからのお楽しみ賞、シニア賞、レディース賞等盛りだくさんの特別賞も準備されており、閉会式でも大いに盛り上がりを見せた。
 各賞の入賞者は別表の通り。
ドリームオープンカップ東九州大会共催メーカー:キザクラ・クレハ・釣研・ハヤブサ・モーリス・東レインターナショナル・ささめ針・マルキュー (順不同)
特別協賛・全九州釣ライター協会

(ドリームカップ運営委員会 (株)釣研  松枝)

順位

氏 名

住 所

重量

渡船名

磯名

優勝

中村 元揮

大分県

3340g

第三正幸丸 1便

チョンバエ

準優勝

鶴原 修

福岡県

2650g

速見丸 2便

日進バエ

3位

金只 登

大分県

2635g

しんえい 1便

白崎4番

4位

川野 弘

宮崎県

2530g

てるまる 2便

ダンバナ 四畳半

5位

日高 真吾

宮崎県

2405g

進栄丸 2便

赤バナの中

6位

橋本 晃治

大分県

2200g

てるまる 1便

スリオトシ

7位

寺田 泰隆

宮崎県

1740g

第三正幸丸 2便

カンノン

8位

毛利 直人

佐賀県

1550g

速見丸 1便

ビシャゴ南

9位

藤崎 正治

鹿児島県

1130g

進栄丸 1便

センスイカン

10位

富永 眞一郎

熊本県

555g

しんえい 2便

トギレの中

レディース賞

三浦 るみ子

福岡県

 

シニア賞

八坂 賢二

大分県

 

 

大物賞

行徳 博

福岡県

グレ46cm

他魚賞

三河原 一秀

大分県

ボラ

レディース賞

伊東 陽子

宮崎県

 

▲ページトップへ