佐多岬地磯での夜釣り

 
 

【釣行者】

【釣場】

【使用したウキ】

【サイズと浮力】

 


【名前】永嶺俊幸・稲垣隆緒
【日時】平成23年10月9日(日) 中潮5
【釣り場】鹿児島県 佐多岬 地磯
【使用ウキ】LFシャイニング3B・ K-5 3B
【使用タックル】
 竿:3号~4号
 ライン:6号~8号 
 ハリス:6号
 ハリ:かんぬき真鯛ハリ 12号
【備考】バッカン トーナメントグレードブラック(36cm)
【釣果】コロダイ71cm/5.2kg クロ35~40cm2枚 イサキ1枚 タ
バメ 40cm1枚
【エサ】オキアミ生 マキエサもクロ釣りと同じ。

【ヒットパターン】
3連休のなか日。天気も良く海も穏やかそう。
釣りに行きたくてウズウズしている2人がいた。海水温はまだ26度くらいあるので昼釣りにはまだ時期尚早。
得意の夜釣りである。
このコンビは、佐多岬周辺の地磯の夜釣りで数々の伝説を作ってきた。
先々月も稲垣さんは2キロクラスのシロテンを仕留めている。
大隅支部の地磯のプロと呼ばれる、永嶺副支部長と稲垣地区長。
今回もシブ・真鯛・イサキ・尾長狙いで釣行。
16時頃釣場に到着。
まだ昼釣りの釣り人がいるので、ゆっくり準備を始める。
17時頃昼釣りの釣り人が帰って行った。
中潮なので18時頃が満潮。西磯で下げ潮を釣る。
絶好のチャンスです。
永嶺さんも稲垣さんも竿4号・ハリス6号でフカセ釣りで始める。
この釣場は水深が竿1本も無い位の勝って知ったポイントです。
ウキは、永嶺さんがK5の3B、稲垣さんがLFシャイニングの3B。
K5は、釣研さんから最近新発売されたカン付きウキです。ミニトップを装着するとケミホタル装着して夜釣りにもOK!です。
19時頃永嶺さんが不意を突かれる。
完全に主導権を取られ痛恨のバラシ。かなりの大物だった。
その後、稲垣さんが40cmクラスのクロやイサキを釣り、今夜はなかなか調子良さそう。
下げ止まり前の11時頃です。
永嶺さんのK53Bが突然視界から消えた。
強烈な引きです。
尾長・マダイなら60オーバーは確実!!
10数分のやり取りの末やっと玉網入れ。
ところが玉網に入らない。
やっと入ったら今度は持ち上げられない。
色々やりながらやっと持ち上げた。
コロダイでした。かなりデカイ!!
ブッコミならともかくフカセで良くぞ釣り上げたものだ。
次の日に釣具店で検量したら、71cm 5.2kgのコロダイでした。
その他、稲垣さんは40cmクラスのクロ2枚・40cmのタバメそしてイサキと数釣りを楽しんだ。
これからは、日に日に昼釣りでクロ釣りの走りに入ります。
例年なら西磯から釣れ出します。
今年も楽しい嬉しいシーズンの到来です。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トップページへ