2010年度 釣研FGクロ釣り選手権

クロ釣りシーズンも最盛期を迎えた11月21日(日)、釣研FG(ファングループ)主催の2010年釣研FGクロ釣り選手権が長崎県・平戸一帯で行なわれた。平戸市・田平公園に設けられた大会本部には九州・山口を中心に総勢148人の釣研FG会員が訪れ、前夜午後11時の受付開始と同時に、「一発大物」を目指し、宮の浦や生月島、的山大島、五島列島などの好釣場に、優勝への大きな期待を込めて出発していった。
当日は秋晴れ、しかも海況は穏やかという絶好のコンディション。各地で釣況も上向きということもあり、上位入賞のラインは相当に高くなることが予想された。また、検量までに大会会場に戻ってくることの出来る場所であれば、どこで竿出ししても良いルールのため、どの釣り場を選択するかも重要な要素となり、参加者の日ごろの実力が試される大会となっている。
夜が明け、検量開始の午後1時を迎えて続々と参加者達が検量所へと帰着してくる。40cmオーバーの良型が続々と持ちこまれ、検量所横に設置された入賞魚の展示台の順位が入れ替わる度に歓声があがっていた。
気になる上位入賞者であるが、一番の長寸を釣ったのは、杉田弘行さん(山口県支部)。上五島・ケムタ瀬の夜釣りで、「電輝円錐」に「タングステンシンカー」を組み合わせて仕留めたのは、50cmまであと一息の49.8cm1745gの良型口太。栄えある2010年度釣研FGクロ釣り選手権優勝の栄冠を手中に収めた。
2位には、これも上五島・一ツ瀬に渡り、朝マズメに「スーパーエキスパートUE」で47.5cm1720gを仕留めた岡崎悟さん(山口県支部)。
そして3位には、的山大島・クジラの夜釣りで「電輝円錐」で47.5cm1630gを釣り上げた行徳秀美さん(北九州支部)。2位の岡崎さんとは同寸となり、重量優先のルールで僅かに及ばなかったものの、検量時には大いに盛り上がりを見せた。
検量が終わってみれば、10位までの全選手が40cmオーバーを仕留めており、良型が連発する激しい上位争いとなった今大会。148名の選手それぞれがベストを尽くした2010年釣研FGクロ釣り選手権も大盛況のうちに幕を下ろした。

順位 氏名 所属支部 長寸(cm) 重量(g) 釣り場 使用ウキ
1位 杉田 弘行 山口県支部 49.8 1745 上五島ケムタ瀬 電輝円錐 1号

タングステンシンカー -1号

2位 岡崎 悟 山口県支部 47.5 上五島一ツ瀬 スーパーエキスパートUEG2
3位 行徳 秀美 北九州支部 47.5 1630 的山大島クジラ 電輝円錐 0号
4位 近藤 昌史 長崎県北支部 46.6 1660 宮ノ浦追帆崎 浦島円錐 極 3B
5位 久保 啓司 山口県支部 44.2 1320 上五島ケムタ瀬 グレイズ 0号
6位 田中 洋明 山口県支部 42.5 1160 上五島一ツ瀬 R-G G2
7位 瀧内 昭明 筑豊支部 42.1 1020 生月長瀬 夜釣円錐 3B
8位 平松 千枝 福岡支部 41.9 1285 宮ノ瀬トトガ浦 エイジア 0α
9位 雪家 恵介 長崎県北支部 41.8 1130 宮ノ浦尾上南 メジナSP 2B
10位 松尾 賢太 山口県支部 41.4 1000 上五島一ツ瀬 ツインフォースタナMG2
上位入賞者の仕掛け

上位入賞者の仕掛け

午後11時、田平公園に設けられた受付に集まった選手たち。これから思い思いの釣り場に向けて出発してゆく。

午後11時、田平公園に設けられた受付に集まった選手たち。これから思い思いの釣り場に向けて出発してゆく。

競技を終了した選手が続々と検量所に帰着。持ち込まれたライブウエルから良型が取り出される度に、ギャラリーから大きな歓声が上がった。

競技を終了した選手が続々と検量所に帰着。持ち込まれたライブウエルから良型が取り出される度に、ギャラリーから大きな歓声が上がった。

「素晴らしい釣果に恵まれた大会になりました」と挨拶する、㈱釣研の楠根丈司社長。

「素晴らしい釣果に恵まれた大会になりました」と挨拶する、㈱釣研の楠根丈司社長。

お立ち台に上がる上位入賞者達。向かって左=準優勝・岡崎悟さん(山口県支部)、中央=優勝・杉田弘行さん(山口県支部)

お立ち台に上がる上位入賞者達。向かって左=準優勝・岡崎悟さん(山口県支部)、中央=優勝・杉田弘行さん(山口県支部)

九州・山口一円から集まった148名の釣研FG会員

九州・山口一円から集まった148名の釣研FG会員

上五島・ケムタ瀬で優勝魚である49.8cmを仕留めた杉田弘行さん(山口県支部)。瀬際のオーバーハングをウキ下5mで狙い、見事に金星をゲットした。

上五島・ケムタ瀬で優勝魚である49.8cmを仕留めた杉田弘行さん(山口県支部)。瀬際のオーバーハングをウキ下5mで狙い、見事に金星をゲットした。

上五島・一ツ瀬で47.5cmの尾長を仕留めた岡崎悟さん(山口県支部)。朝マズメの沈め釣りで準優勝魚をキャッチ。

上五島・一ツ瀬で47.5cmの尾長を仕留めた岡崎悟さん(山口県支部)。朝マズメの沈め釣りで準優勝魚をキャッチ。

的山大島・クジラの夜釣りで47.5cmを釣り上げた行徳秀美さん(北九州支部)。同寸での重量差で一歩及ばなかったものの、さすがの3位入賞。

的山大島・クジラの夜釣りで47.5cmを釣り上げた行徳秀美さん(北九州支部)。同寸での重量差で一歩及ばなかったものの、さすがの3位入賞。

今大会は女性選手が2名参加。そのいずれもが見事に良型を検量所に持ち込み、レディース賞を授与された。写真は三浦るみ子さん(北九州支部)。

今大会は女性選手が2名参加。そのいずれもが見事に良型を検量所に持ち込み、レディース賞を授与された。写真は三浦るみ子さん(北九州支部)。

福岡支部の平松千枝さんは41.9cmを釣り8位に入賞し、レディース賞も同時に獲得した。

福岡支部の平松千枝さんは41.9cmを釣り8位に入賞し、レディース賞も同時に獲得した。

1位

カテゴリー: クロ釣り選手権大会, 事務局からのご案内 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × two =