2019釣研FG会員様限定お年玉キャンペーン

日頃のご愛顧に感謝して、釣研FG会員の皆様へ向けて「2019釣研FG会員様限定お年玉キャンペーン」を開催致します。本キャンペーンでは釣研EVA商品、ライン、小物グッズ、オリジナル衣類各種を期間限定、キャンペーンの特別価格でご提供させていただきます。
衣料品については受注生産完了後の発送となります。
EVA(ライブウェル・バッカン・システムマルチバック)セット品、および一部の衣料品については在庫限り、売り切れの際はご了承ください。
※EVAセット品については、送料経費節減のため、開封し重ねて発送させていただきます。ご了承ください。
※表示価格はすべて税込価格!ご注文金額合計10,000円以上で送料無料!!
ご注文金額合計が10,000円未満の場合は送料600円となります。

 

*FGキャンペーンの内容はメールアドレスを登録いただいている全てのFG会員様へご案内しています。
お早目に申込みをお願い致します。
キャンペーン期間 2019年12月3日(火)~2019年12月28日(木)
釣研FG会員限定キャンペーン2019_P1釣研FG会員限定キャンペーン2019_P2
釣研FG会員限定キャンペーン2019_P3釣研FG会員限定キャンペーン2019_P4

今回、新たな衣類関係のサンプル画像
ポロシャツボタンダウン半袖サンプル画像
ポロシャツ半袖正面ポロシャツ半袖横ポロシャツ半袖横TG
ポロシャツボタンダウン半袖サンプル画像
ポロシャツ長袖正面2ポロシャツ長袖横
スウェットパーカー、スウェットパンツサンプル画像
スエットパーカーとスエットパンツスエットパーカーとパンツ横パーカー横TGスエットパーカー後スエットパンツ横

*実際のスウェットパンツのTsurikenロゴは少し上になります。
申し込み方法
2019釣研FG会員様限定お年玉キャンペーン商品をご注文される方はこちら

発送 在庫の確保と商品代金のお振込が確認、商品発送の準備が出来次第、順次出荷予定ですが、衣類関係は、ご注文、入金確認後の順次製作となることからお時間をいただきますので、到着まで暫くお待ちください。
*商品で在庫切れなどの場合は、改めてこちらから連絡を致します。
お振込先ゆうちょ銀行からの振込:ゆうちょ銀行 口座番号 01730-4-33137 口座名義 カ)ツリケン
他銀行からの振込:ゆうちょ銀行一七九支店 口座番号 当座預金 33137 口座名義 カ)ツリケン

*お振込手数料は会員様のご負担となります。ご入金後のキャンセルは出来ません。
商品はご入金確認後の発送となります。
お振込期日 2019年12月28日(木)まで
*お振込期日までにお振込をお願いいたします。

今後もFG会員の皆様に、ご入会頂いて良かったと感じて頂ける専用商品の発売を予定しております。釣研FGならびに株式会社釣研に、変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

ご案内を最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。
(電話でのお問い合わせ先)
㈱釣研内 FG会員限定販売キャンペーン係  080-4021-3387

株式会社 釣 研
〒811-4393
福岡県遠賀郡遠賀町若松203
TEL 093-291-2233 FAX 093-291-2256
Web Site http://www.tsuriken.co.jp


カテゴリー: キャンペーン, 全ての報告 | コメントする

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会開催のお知らせ

191202_クロ選チラシ
大会参加費: 一人 ¥3,000円
参加費振込:
ゆうちょ銀行からのお振込み  ゆうちょ銀行  17430-17628931    名義: 釣研FG(ツリケンエフジー)
※その他の銀行からのお振込み  ゆうちょ銀行 普通 七四八店 1762893   名義: 釣研FG(ツリケンエフジー)
申込締切: 2019年12月28日(土)必着
今回、クロ釣り選手権大会へ参加申し込みをされる方は、各釣研FG支部長、事務局または地区長へ参加申し込みをお願いします。
既に参加申し込みをされ、今回参加出来ない方は、各釣研FG支部長、事務局または地区長へ連絡をお願いします。

大会参加賞はジップシャツを予定しており、参加申し込みの際はサイズの連絡をお願いします。サイズの変更は出来ませんのでご注意下さい。
*ジップシャツの2Lと4Lの在庫が切れました。お参加申し込みをされる場合はジップシャツS・M・L・3Lの中からお選びください。

前大会(11月24日)に参加申し込みをされ、今大会(延期日1月19日の大会)に参加されない方へは参加申込み終了後に参加賞のジップシャツを送付させていただきます。

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会チラシはこちら
第31回釣研FGクロ釣り選手権受付場所&渡船基地案内)はこちら
第31回釣研FGクロ釣り選手権大会大会会場マップはこちら


カテゴリー: クロ釣り選手権大会, 全ての報告 | コメントする

釣研FG熊本支部 クロ釣り大会

20191209_084727
【支部】熊本支部
【日時】2019年12月8日(日)
【場所】牛深沖磯
【参加人数】22名
【レポート】熊本支部 事業部 中山 義弘
 2019年12月8日(日)、熊本支部(山口まち子支部長以下会員62名)の大きな行事のひとつであるクロ釣り大会を会員22名の参加のもと、牛深沖磯を会場として開催した。
 北寄りの強風予報で開催が危ぶまれたが、当日は波風ともにかなり落ち着き、無事開催することができた。今年の牛深はまだ水温が高く、クロの釣果はムラが激しい様子であった。条件はあまり良くなかったが、ポイントによっては40cmオーバーの良型を4~5枚以上そろえる選手もおり、検量では大いに盛り上がった。
全員に優勝のチャンスがあるよう1尾の長寸で競った結果、沖の平瀬のハナレに乗礁した金子、柏木の両選手が、見事45cmオーバーを釣り上げて優勝、準優勝となった。
 表彰式の後は、お楽しみ抽選会やジャンケン大会で盛り上がったが、最後に全員で会場周辺のゴミ拾いを行って会を閉じた。
結果
  優勝  金子 龍(46.5cm 1.54kg)
  準優勝 柏木 祝一(45.0cm 1.47kg)
  第3位 亀井 明(43.0cm 1.28kg)
【大会フォトギャラリー】
20191211_155300
20191209_21330720191209_21341120191209_213607


カテゴリー: 全ての報告, 熊本支部 | コメントする

釣研FG若狭支部 第26回WFGグレ 支部セミファイナル

image6
【支部】若狭支部 若狭地区
【日時】2019年12月1日(日)
【場所】三重県尾鷲市 尾鷲の磯
【参加人数】6名 
【レポート】若狭支部 支部長 藤野幸嗣

 2019年度釣研WFGへ参戦すべく、若狭支部代表選手を決めるセミファイナルを三重県は尾鷲に磯で開催しました。
 今年は予定していた大会が荒天により2回も流れ、結果4月開催の三浜大会と11月開催の音海大会での釣果ポイントで上位8名を選出してのセミファイナルを計画しました。ただ、年末とあって急な所用で2名の欠席者が出て最終6名での戦いとなりました。人数が少なくなった為、参加者皆さんと協議し、1回戦(2名対戦)で勝ち上がった3名で決勝を行い、優勝者を決める事としました。
 1回戦は湾内磯のグンカン、イノハナ、小山の地の3つの磯に各2名磯上がりして90分ハーフで戦い、決勝戦の磯場グンカンに集結し検量を行った。
 1回戦では良型サイズは出ずに25cmまでのグレが沢山釣れていてほぼ僅差での戦いとなった。決勝へ駒を進めた三選手は高橋選手、湯田選手、中川選手だ。
決勝では先ず全員で釣り座のポイントを確認。ジャンケンで磯場を決め45分ハーフでの戦いが始まった。
 1回戦では適度にグレが釣れていたが決勝戦ではグレの当たりが渋くなり1尾釣り上げるのに三選手はあの手この手と釣り方を変えて、1尾づつ釣果を上げていく戦いとなりました。
決勝結果は次の通り
優勝 高橋元樹 3190g 10尾 使用ウキ:エイジアマスターピース 02
2位 中川文周 2990g 10尾 使用ウキ:エイジアマスターピース 0
3位 湯田尚弘 2340g 10尾 使用ウキ:エキスパートグレZ 0C
見事、高橋元樹さんが2019年度WFG若狭支部代表選手として参戦していただく事となりました。高橋さんおめでとうございます。
今年の反省を踏まえ、来年度はいろんな趣向を取り入れていこうかと皆で話し合い、参加者は少ないものの楽しく有意義な1日を過ごす事が出来ました。
来年度は若狭の各磯での大会を増やし皆さんとの交流を増していきたいと考えております。また若狭支部では新規会員様も随時募集しております。気兼ねなくご参加頂けます様宜しくお願い申し上げます。

釣研FG若狭支部セミファイナル大会協力渡船店 
 ゆき丸渡船(三重県尾鷲市 TEL:090-9170-8944)
【大会フォトギャラリー】
image1 image2 image3 image4 image5 image7


カテゴリー: 全ての報告, 若狭支部 | コメントする

釣研FG長崎県北支部 #26WFGグレ第1回予選会

1575199828336
【支部】 長崎県北支部
【日時】 2019年12月1日(日)
【場所】 長崎県平戸市宮之浦一帯(渡船:丸銀丸)
【参加人数】25名
【レポート】 長崎県北支部 事務局 久保川剛
12月1日(日)、#26WFGグレの出場者を決める、釣研FG長崎県北支部第1回予選会を、平戸市宮之浦一帯で開催しました。使用渡船は、丸銀釣りセンターさんにお世話になりました。
当支部会員数は90名を超えるため、支部代表枠は3名です。この第1回の予選会では2名の代表を選出し、第2回予選会においてもう1名を選出します。
大会規定は、2人(3人)対戦の2時間×3回戦のトーナメント方式で競技しました。対象は23cm以上のグレの総重量としました。今回は、25名の選手を2つのブロックに分けて、それぞれの優勝者を支部代表に選出する方法で実施しました。
当日は午後から南東寄りの強風が予想され、開催が危ぶまれましたが、船長判断によりギリギリ開催できる運びとなりました。

状況としては、宮之浦名物のエサ盗りであるアブッテカモがまだまだ元気がよく、場所によってはアジゴなどが邪魔をし、折からの強風が吹きつけ、釣り辛かったところもあったようでした。しかしながらグレの釣果が無く、勝敗のつかない対戦はなく、さすがのFG会員の皆さん、ほとんどの組で釣果があり勝敗がつきました。

Aブロックの決勝に上がってきたのは、平野支部長、中村正吾会員、金澤勇斗会員で、追帆崎での対戦となりました。
金澤勇斗会員は、「ゼクトα」01号スカーレットを使用し、9尾のグレのアタリを捉えて優勝されました。

Bブロックの決勝戦は、支部事務局の久保川会員、森田久之会員、山口正敏会員という若手対戦で、ゾウの鼻で対戦しました。
久保川会員は、「西海SP」G5号スカーレットを使用し、2ラウンド目に沖目に湧くアジゴを避けて、ワンド内の比較的近距離のポイントを集中して攻めていました。そこで良型含む5尾の釣果を出したのが功を奏し、計6尾を仕留めて優勝されました。

最後に、支部代表の発表や意気込みコメント発表なども行われ、たいへん盛り上がった予選会となりました。支部代表として、決勝大会でも頑張って頂きたいと思います。
悪天候の中、安全にサポートして頂いた船長に感謝します。

大会結果は、下表の通りです。

#26WFGグレ第1回支部予選会結果

○Aブロック

結 果 順 位 会 員 名 匹 数 重 量
支部代表 優 勝 金澤 勇斗 2,690g
次 点 2 位 平野 芳幸 1,690g
3 位 中村 正吾 1,370g

 

○Bブロック

結 果 順 位 会 員 名 匹 数 重 量
支部代表 優 勝 久保川 剛 2,080g
次 点 2 位 山口 正敏 400g
3 位 森田 久之 350g

【大会フォトギャラリー】
15752001102481575200130719


カテゴリー: 全ての報告, 長崎県北支部 | コメントする

釣研FG若狭支部 音海大会

10932366494031
【支部】若狭支部 若狭地区
【日時】2019年11月17日(日)
【場所】福井県大飯郡高浜町 音海の磯
【参加人数】11名 
【レポート】若狭支部 支部長 藤野幸嗣

 2019年も後半に入り第2回若狭支部大会を若狭は音海の磯で11月17日(日)に開催しました。
 グレの活性も高まってきた情報でどんな釣果が出てくるのか楽しみな今回の大会。当日ウネリはあるもののウミック船長さんの計らいで沖磯の安全な場所へ磯上がりしました。
今回も規定サイズ無し、10尾総重量での釣果で競います。午後2時の納竿で港に戻り、皆さんの活かしバッカンを覗くとグレがワンサカと釣られていました。
中でも眼を引いたのは森川さんの5850gの釣果!全て30cm超のグレ。流石としか言い様が有りません。全員が10尾を揃えられ半数以上が4kg超の釣果。
楽しく、満足出来た今回の大会でした。

釣果
優勝 森川智之 5850g
2位 河村敏夫 4700g
3位 村中雅幸 4570g
4位 岐部嘉輝 4450g
5位 高橋元樹 4270g

検量後はG杯チヌ全国大会参戦された高橋さん、G杯グレ全国大会参戦される森川さん、河村さんのお祝い会を参加者全員で行い、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
若狭支部では新規会員様も随時募集しております。気兼ねなくご参加頂けます様宜しくお願い申し上げます。

支部大会協力渡船店 
 ウミック(福井県大飯郡高浜町音海 TEL:0770-76-1444)
【大会フォトギャラリー】
10932366250357 10932366318836 10932366341917 10932366360595 10932432413948 10932432438155 10932432475706


カテゴリー: 全ての報告, 若狭支部 | コメントする

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会開催延期のお知らせ

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会参加会員 各位

謹啓
向寒の候、貴殿ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は釣研FG並びに株式会社釣研に格別なるご高配を賜り、心からお礼申し上げます。
FG事務局、実行委員の方では、クロ釣り選手権大会に参加される皆様の健闘を祈り、着実に準備を進めてまいりました。選手の皆様もお仕事の調整をされ、ご準備も進み、大会開催を心待ちにされていたことと思います。
さて、天気予報にてご周知のことと存じますが、大会当日は悪天候となる状況となっております。
このような天候の中での開催は、安全面を考え、今回の11月24日開催の第31回釣研FGクロ釣り選手権大会は延期させていただきます。
来年2019年1月19日に開催予定とさせていただきたいと存じます。
誠に勝手ではございますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
取り急ぎ、第31回釣研FGクロ釣り選手権大会開催延期のお知らせまで。
                                  敬具

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会実行委員会


カテゴリー: クロ釣り選手権大会, 全ての報告 | コメントする

釣研FG五島支部 WFGグレ支部予選会

集合写真
【支部】五島支部
【日時】2019年11月3日(日)
【場所】長崎県中五島若松瀬戸一帯の磯
【参加人数】10人
【レポート】五島支部 事務局 諸國 拓馬
11月3日(日)長崎県中五島若松瀬戸一帯の磯において、第26回WFG出場者を決めるべく、予選会を参加者8名によるトーナメント方式にて開催しました。
今年は、今年の第25回WFGで初優勝を達成しシード権を持つ、下山支部長と濵上副支部長に大会実行委員を務めていただきました。
現在、五島支部会員数は60名を超えており、本予選会にて上位2名がWFG本戦への切符を手にすることが出来ます。

当日は、夜明け前の5時過ぎに港に集合し、競技説明、トーナメントのクジ引きを行い、渡船「祥福丸」様の協力をいただき、予定通り朝7時に一回戦が開始されました。
渡礁先は、若松瀬戸出口に位置するカズラ島一帯。
例年、秋磯シーズン開幕を告げる良型のクチブト、オナガと釣れる魅力的な釣場であります。
一回戦では、各磯でオナガと思しきバラシが続出し、よりトーナメントを盛り上げてくれました。
各磯で釣果もあり、その中でもカズラ島の鼻に上礁した諸國会員は、引数16尾、重量6.42kgを釣り上げ、その中には50㎝に迫る1.4kgの地グロも含まれていました。

二回戦も、カズラ島に転戦し、勝者2名とワイルドカード1名を選出します。
深浦選手VS永田選手の結果は、2尾差の重量で深浦選手に軍配。
諸國選手VS宝亀選手の結果は、1尾差で宝亀選手に軍配があがり、ワイルドカードは0.27kg差で永田選手に決定しました。

決勝の舞台は、近年定番となったカズラ島の田中瀬にて行いました。
3人でも十分に場所を取れ、数も出る、オナガの回遊ありと決勝の場としてはうってつけの場所であります。

決勝のカードは、本戦出場の経験をもつベテランの宝亀選手、決勝初進出の深浦選手と永田選手の3名です。
瀬上がり後は、実行委員長である下山支部長から境界線の説明が行われ、競技開始となりました。
各選手使用フロートは、深浦選手がエイジアマスターピース02、永田選手はエキスパートグレZの0C、宝亀会員がスーパーエキスパートUEの0Cとそれぞれ愛用する釣研ウキで臨みます。
そして、決勝は満潮から下げに変わる時間帯での試合となります。当日は、風も無くベタ凪で絶好のコンディションとなりました。
一ラウンド目、最初にグレを釣り上げたのは宝亀選手、そしてそれを追うように深浦選手、少し遅れて永田選手もグレを釣り上げます。並びは沖に向かって左側から深浦選手、宝亀選手、永田選手となっており、一ラウンド目では宝亀選手、深浦選手が順調に数を伸ばし、永田選手が少し遅れる展開となりました。

二ラウンド目、一番左手の釣り座に入った永田選手の竿が大きく曲がるも瀬際まで寄せたところで痛恨のバラシ。なかなかリズムを掴めません。宝亀選手は一番右手の釣り座で潮の動いているオナガポイントを発見し、40㎝弱のオナガを追加。真ん中の釣り座に入った深浦選手もぽつぽつグレを拾って行きますが、道糸が高切れするトラブルでタイムロイス。二ラウンド終了時の形勢は宝亀選手、深浦選手、永田選手の順となりました。

いよいよ最終ラウンドとなり、下げ潮となる沖に向かって左に流れる潮が動き始めました。
ここで一番左手に入った宝亀選手が鋭い当たりを捕えますが、残念ながらへ鯛。一番右手の深浦選手も大きく竿を曲げますが真鯛。例年と違った釣果にギャラリーも各選手から目が離せません。潮が動き始めると共に水道から北風が吹き始め、潮と風が一緒の方向となる釣り人としては嫌な展開。
しかし、そこは愛用する釣研ウキで最後までグレへコンタクトを図ります。下げ潮に変わって少しグレの棚が深くなったのか一番釣果が少ないラウンドとなってしまい、終了のホイッスルが吹かれました。

検量の結果、トーナメント表のとおり第一位:宝亀選手、第二位:深浦選手、第三位:永田選手となりました。
この結果から、宝亀選手と深浦選手が来年開催される第26回WFGグレへの切符を手にしたのでありました。
今年は、若手会員VSベテラン会員の構図で見事にベテラン会員が決勝に残る形になり、来年に向けて更なる釣技の向上を胸に誓った若手会員達でありました。
本選への切符を手にした宝亀選手と深浦選手及びシード権を持つ下山支部長、濵上副支部長のWFGでの活躍を五島支部会員一同期待し、予選会を無事に終えることができました。
【大会フォトギャラリー】
下山支部長による競技説明       決勝境界線説明
下山支部長による競技説明 決勝境界線説明
決勝宝亀選手竿曲げ      決勝深浦選手竿曲げ
決勝宝亀選手竿曲げ 決勝深浦選手竿曲げ
決勝永田選手竿曲げ
決勝永田選手竿曲げ


カテゴリー: 五島支部, 全ての報告 | コメントする

釣研FG秋田・青森支部 第26回WFGグレ予選会

20191103-04
【支部】青森支部・秋田支部
【日時】2019年11月3日(日)
【場所】秋田県男鹿市加茂地区
【レポート】秋田支部 事務局 佐藤 豪
今シーズン台風やらで2回も流れたWFG予選会ですが、三度目の正直でこの日曜日、なんとか開催出来ました。
この日も海況が良くない状態でありますが、大竹丸様にご協力いただき、大黒島を貸切、2時間交代×3セット長寸20cm以上の総重量ルールで行われました。
優勝は、西山隆史選手です。
尺オーバーを筆頭に4尾の検量にて二年連続でWFGグレの本戦出場権を獲得いたしました。 
今大会の結果は、下記のとおりです。

優 勝 西山隆史(秋田支部) グレ4尾(第26回WFGグレ出場権獲得)
今大会、事故もなく無事に終える事が出来ましたことをご報告致します。
【大会フォトギャラリー】
20191103-01 20191103-02 20191103-03


カテゴリー: 全ての報告, 秋田支部, 青森支部 | コメントする

釣研FG和歌山県支部 親睦釣り大会&第26回WFGグレ選考(B)予選会

1572321424_3
【支部】 和歌山県支部
【日時】 2019年10月20日(日)
【場所】 和歌山県すさみ町見老津
【天候】 曇り
【海水温】 24度
【対象魚】 グレ(口太、尾長、ウシグレ)
【渡船利用】 林渡船
【レポート】 和歌山県支部 事業部員 安田裕也

悪天候の為に中止になっていた懇親会とWFGの予選会を10月20日に和歌山県すさみ町見老津で開催しました。オブザーバーで女性アングラーの森さんにも参加していただき16名が集いました。

前日は雨と波で開催が心配されましたが当日には波も落ち無事開催することができました。

私も会員の皆様と「ゲタ」と言う磯へ6名で上がり懇親をメインに楽しむ事ができました。秋磯シーズンも序盤で水温も高めで小型のグレ、イズスミ、サンノジとゲストが竿を曲げてくれて楽しむ事ができました。

港へ帰ると他の磯ではたくさんのグレが釣れたようで検量も賑わいました。

結果、WFG予選会の通過者は吉田雄二さん、古川貞幸さん、北紺雅之さんの3名が通過。

グレ長寸の部で吉田雄二さん、イサギ長寸の部で近藤克明さんが入賞され、青物の部は私が頂きました。

今回、大会を無事にサポートして頂いた林渡船様ありがとうございました。

参加して頂いた会員の皆様ありがとうございました

本大会結果は以下の通りです。

 

親睦釣り大会

長寸の部  会員名 長寸 使用ウキ
グレ 吉田雄二 37.7cm ゼクトMゼロ
イサキ 近藤克明 35.8cm エイジアマスターピース02号
青物(ツバス) 安田裕也 38.4cm ゼクト Mゼロ
重量順位  会員名 匹数 合計重量(g) 使用ウキ
1位 吉田雄二 10 5,225 ゼクトMゼロ
2位 古川貞幸 10 5,140 ゼクト Mゼロアルファ
3位 北紺雅之 10 5,100 ゼクト Mゼロアルファ

 

 

WFGグレB予選通過選手 3名


カテゴリー: 全ての報告, 和歌山県支部 | コメントする