釣研FG 第24回WFGグレ青年部予選会

集合写真
【支部】青年部
【日時】2018年2月11日(日)
【場所】大分県米水津
【参加人数】24名
【レポート】矢野 昌俊
去る、平成30年2月11日(日)。
若いFG会員に魅力あるイベントを行うことを目的に、平成28年8月に発足した釣研FGの青年部(新祐一郎青年部長)。新・部長の下、昨年の夏開催の「チヌ釣り大会」に続き、今回は「WFGグレ青年部予選会」を開催した。「WFGグレ」とは釣研FGの目玉イベント。今回の予選会で勝利した1名の選手が、6月に平戸・宮ノ浦で開催される世界大会への切符を手にすることができるのである。

今大会は、40歳以下のFG会員(青年部員)に参加を募り、応募の中から、抽選で選ばれた24名の選手が、会場となる大分県の米水津に集結。参加選手の中で、トーナメントを行い、1名の代表を選ぶ方式を採用した。

当日の天候は、時折、小雪が舞う厳しいコンディション。又、海水温の低下もあり、グレの喰いは非常に渋く、1回戦では、無念の抽選で結果を決める組もあった。2回戦でもグレの喰いは渋い状態であったがそれぞれの組に釣果があり、抽選は免れ、厳しいコンディションの中、見事、決勝の舞台に進んだのは、栗林昭生選手(大分県支部)、中原大貴選手(熊本支部)、日野志洋選手(大分県支部)の3名である。

決勝会場は、グレの釣果が濃いと言われている「押出の大バエ」。世界大会の決勝戦と同じく競技時間は120分。競技時間及び磯を3分割して、1ラウンドを40分とする方式。青年部長のホイッスルで、決勝戦がスタートした。第1ラウンドでは、3選手共に工夫をこなしグレを狙うが釣果なし。第2ラウンドに入ると、いち早く、栗林選手が大きく竿を曲げた。しばらくヤリトリを行ったが、痛恨のハリ外れ。その後も3選手ともに釣果がなく。勝負は最終ラウンドに持ち込まれた。第3ラウンドに入ると日野選手に待望のグレがヒット、タモにグレが収まると、大きな歓声が上がった。結果、日野選手のグレ1尾で試合終了。「エイジア・マスターピース04」を使用し、タナを深く狙った日野選手が1尾1,180グラムで優勝。世界大会への切符を手にした。準優勝は、栗林選手。第3位は中原選手となった(*準優勝、第3位は、釣果なしのため大会規定に基づき抽選で決定)。
青年部代表となった日野選手を始め、各地の支部よりこの大会に出場した24名の選手に敬意を表したい。

又、この大会では、競技以外にも青年部会員同士が連絡先を交換し、釣行の約束をする等、改めて、今回の大会が釣研FGの活性化に刺激を与えたことは間違いないと実感した。
最後に今大会の運営にご協力を頂いた各支部長を始め、使用渡船の功明丸の御手洗船長、千代丸の山田船長に心より感謝を申し上げたい。
対戦表
対戦表

【大会フォトギャラリー】
上位3名
上位3名
決勝戦の模様             決勝戦のウキ
決勝戦① 決勝戦ウキ
オオバエ      境界説明
オオバエ 境界説明
決勝検寸      決勝検量
決勝検寸 決勝検量
日野さん賞状    日野さん副賞   日野さん優勝コメント
日野さん賞状 日野さん副賞 日野さん優勝コメント
日野さんフォト
日野さん 日野さん① 日野さん② 日野さんタモ① 日野さんタモ② 日野さんタモ③ 日野さん竿曲り 日野さん魚
栗林さんフォト
栗林さん賞状
栗林さん賞状 栗林さん① 栗林さん②
中原さんフォト
中原さん賞状
中原さん賞状 中原さん 中原さん② 中原さん③

木村さん総評
木村さん総評


カテゴリー: 全ての報告, 青年部 | コメントする

釣研FG三重支部 WFG予選、支部代表決定戦

KOIDE02
【支部】三重支部
【日時】2018年2月11日(日)
【場所】和歌山県勝浦
【参加人数】9名
【レポート】三重支部 小出仁志
 今年もやってきましたWFG予選、支部代表決定戦を2/11和歌山県勝浦で開催しました。三重支部では年間定期的に開催される懇親会を兼ね、WFG予選選考会を行い、各大会から上位者へ代表決定戦へ出場する権利を与える。今回もその結果9名の選手たちがこの地を訪れました。

公平な抽選結果、三名対戦で対戦者が決まり、1回戦では伝五郎、福井丸島ライオンを使用。

私は伝五郎へあがりましたが、僅か規定には届かず9尾で2,590gで勝ち上がり。福井丸島は、全員安打マックスで重量勝負、勝浦にも精通している東くんが勝ち上がり。ライオンでは三重支部長の打田さんが勝ち上がった。全体的には釣れない時間帯があり、小型主体ながらまずまず釣れた。

決勝は勝ち上がった三名で代表一名を競うが、船長のススメでシケ島にあがります。厳しい時期での場所だけに、1,2R共にエサ取りしか反応がありません。このまま終わるかと思われましたが、私にたまたま小型のグレが釣れて王手。さらに同型を追加し、そのまま逃げ切る形で勝負が決まった。

結果運良く二度目の三重支部代表として、WFG決勝大会へリベンジする。

目標は二日目へまず残ること、運良ければ表彰台を狙いたいです。
【大会フォトギャラリー】
使用したマキエ(生2角に対する配合)
KOIDE01
和気藹々の三重支部
KOIDE03
対戦表
KOIDE04
厳しい決勝で貴重な二尾を仕留めた小出選手、貴重な支部代表を勝ち取る
KOIDE05
グレ仕掛
グレ仕掛け


カテゴリー: 三重支部, 全ての報告 | コメントする

第29回釣研FGチヌ釣り選手権大会開催のお知らせ

第29回釣研FGチヌ釣り選手権大会開催のお知らせ

大会期日:2018年(平成30年) 4月15日(日) 予備日4月22日(日)
*延期及び中止の場合は、4月14日正午頃にホームページ「FG広場」及びフェイスブックに掲載いたします。
及び大会事務局より参加申込書代表連絡先に電話をいたします。実施の連絡はしません。
開催場所:上天草市一帯(受付後、検量時間までに戻って来られる場所)
*参加者本人が受付を済ませ、釣行してください。代理の受付はできません。
渡船やエサの手配は参加者各自で行ってください。
受付日時:2018年(平成30年)4月15日(日) 2時 ~  4時
*時間に間に合わない方は、事前に事務局までお電話にてご相談ください。
検量・表彰場所:熊本県上天草市松島町合津6215 「交流広場」 *地図参照
参加資格:釣研FG会員であること(当日入会は出来ません)
参加費用:一人 ¥2,500   釣研グッズを参加賞として全員にお渡しします。
申込み方法:各支部・地区単位でまとめ、参加申込書に必要事項を記入の上お申込みください。
参加費振込:参加申込書に記載の口座にお振込みください。
申込み締め切り:2018年(平成30年)3月30日(金)必着
検量時間:4月15日(日) 13:00 ~ 14:00
表彰・抽選会:4月15日(日) 14:15 ~ 15:00
*検量が終了次第、予定を繰り上げて実施させて頂く場合があります。
対象魚:チヌ(キビレを含む)
審査方法:
①25センチ以上の対象魚2匹以内の重量で決定します。同重量の場合は一匹長寸の大きい魚を優先します。
②生きた状態でも検量致します。出来るだけライブウェルで生かしてお持ちください。
又、環境保護の為、食べない魚は検量後、リリースをお願いいたします。
表彰個人賞:
1位~15位
競技規定:
①竿、ハリは一本とし、釣研ウキを使用したフカセ釣りに限ります。カゴ釣りは禁止します。
②サシエは自由です。マキエの種類、量は制限しませんが赤土等は禁止します。
注意事項:
①イベント開催時の盗難、交通違反、荷物破損、ケガ、事故(大会、移動中の交通事故を含むすべての事故)について、主催者、及び協賛者は一切責任を負いません。
②受付および検量の時間は厳守してください。規定時間を過ぎた際の受付や検量はいたしません。
③釣研FGキャップまたは釣研キャップの着用をお願いいたします。
④大会の模様はホームページでご紹介いたします。
主催:
釣研FG
主管:
釣研FG 本部事務局
協賛:
株式会社 釣研
協力:
釣研FG熊本支部
大会実行委員長:
釣研FG事務局長 安藤 大相
大会運営:
第29回 釣研FGチヌ釣り選手権大会実行委員会
大会事務局:
井上 達夫 TEL093-291-2233

第29回釣研FGチヌ釣り選手権大会チラシはこちら
第29回釣研FGチヌ釣り選手権大会(熊本県天草渡船マップ)はこちら
第29回釣研FGチヌ釣り選手権大会大会会場マップはこちら


カテゴリー: チヌ釣り選手権大会, 全ての報告 | コメントする

釣研FG東九州支部 第24回WFGグレ出場者決定最終トーナメント

1518504265088
【支部】東九州支部
【日時】2018年2月4日(日)
【場所】大分県米水津
【参加人数】12名
【レポート】事務局 平松 義洋
開催日の当日は日本列島全域を覆う程の寒波、厳しい気象条件のなか、年間3回行う支部の各懇親釣り大会より上位選抜された12名の選手はWFG本戦出場の切符を賭けて予選会場となる米水津へ集結した。競技規定は1回戦、2回戦共に2名1組のトーナメント方式による選出、3回戦目となる決勝戦は勝ち上がった3名の選手による対戦として、対象魚のグレの規定サイズは23㎝以上として行うが規定サイズ未満の早掛けルールも採用。選手は組み合わせ抽選の後、いつもお世話になる功明丸さんで各磯へと渡りました。そして、競技開始の時刻を迎えますが、早速選手を苦しめたのは四方より変則的に吹き付ける風、更には吹雪舞う状況と前日より1℃低下した海水温。やはり魚の活性は低く抽選による勝敗決定もありましたが、そのような状況でも深棚や沈み瀬などを重点的に探った選手は釣果がありました。(磯によっては潮回りにより誤差もあります)
決勝戦に進出したのは後藤利治選手、辻嶋貴文選手、薮田義人選手です。そして、決勝戦の舞台は「押出の大バエ」。開始時刻となり40分×3Rの合計120分、この日最後となる対戦がスタートです。選手はあの手この手と先ずは1枚のグレを目指し探り、結果として第24回WFGグレ東九州支部代表本戦出場選手は、後藤利治選手に決定。厳しい条件にもかかわらずベテランの釣技を遺憾なく発揮され、本戦でも活躍を期待しています。
当日お世話になりました『功明丸』の御手洗船長、並びに参加者の会員の方々お疲れ様でした。ありがとうございました。
【大会フォトギャラリー】
1518504267050 1518504269882 1518504272034 1518504273965 1518504276718 1518504278790


カテゴリー: 全ての報告, 東九州支部 | コメントする

第24回 WFGグレ青年部予選会開催のお知らせ

第24回 WFGグレ青年部予選会開催のお知らせ

大会は予定通り開催いたします。

出場される選手の皆様、お気をつけてお越しください。
スタッフ一同、会場にてお待ちしております。

釣研FG青年部


カテゴリー: 未分類 | コメントする

第24回 WFGグレ青年部予選会へのお問い合わせについて

WFGグレ青年部予選会開催において複数のお問い合わせがありました。

①雨天決行ですか?
→ 安全が確保できると判断すれば雨天でも開催します。開催の可否は2/9(金)の18時までにHPでお知らせします。中止の場合の予備日は2/18です。
②マキエの準備は大会側で行ってくれるのですか?
→ マキエはすべて各自でご準備願います。
③使用できるマキエの量に制限はありますか?
→ 1回戦につき36cmバッカン一杯までです(WFGグレ競技ルールと同じです)
④ツケエは自由ですか?
→ オキアミ(生・ボイル・加工)、サシアミ(生・加工)のみです。ムキミ、活き餌、ダンゴエサは使用禁止です。ただし、実釣時にオキアミをムキミにするのは有効とします(WFGグレ競技ルールと同じです)
⑤各対戦に審判はつきますか?
→ 大会役員が審判をするのは決勝戦だけです。
⑥優勝したが事情によりWFG出場を辞退した場合はどうなりますか?
→ 下位順位の方に繰り上がりとなります。
⑦敗退した場合は、その時点で帰ってよいですか?
→ 基本的には閉会式まで参加願います。やむを得ない事情で帰らなければならないときは、大会役員にご相談下さい。

釣研FG 青年部


カテゴリー: 全ての報告, 青年部 | コメントする

釣研FG玉名支部 クロ釣り大会

IMG_0537
【支部】玉名支部
【日時】2018年1月28日(日)
【場所】鹿児島県上甑(里)
【参加人数】21名(スタッフ4名)
【レポート】支部長 松井 隆弘
 今年は、大会⒋日前に寒波がありシケ続きでしたが、大会前日から天候も回復し出船すると連絡があり、船が待つ阿久根港に参加者全員集合して、船に乗り甑(里)の磯で、午後12:30分の納竿までクロの引きを楽しんでもらったが、当日は急激な水温低下で食い渋りがありましたが、そこは釣研ファンクラブの会員さん21名全員が検量に出された結果は、下記の通りです。

大会検量結果(クロ2匹の重量)

優勝  中山 安   2,880kg
—————————————————–
2位  大村 健太  2,820kg
—————————————————–
3位  中島 幸喜  2,800kg
—————————————————–
 
役員、参加者の皆様お疲れ様でした。
【大会フォトギャラリー】
IMG_0539 IMG_0540 IMG_0541


カテゴリー: 全ての報告, 玉名支部 | コメントする

釣研FG大阪支部、和歌山県支部合同親睦磯釣り大会

2018合同大会
【支部】和歌山県支部・大阪支部合同
【日時】2018年1月28日(日)
【場所】和歌山県・白浜町市江の磯
【天候】曇りのち雨
【対象魚】グレ(尾長、口太、ウシグレ)
イサギ、イガミ、マダイ、石鯛、石垣鯛
【利用渡船】吉丸渡船
【参加人数】41名
【レポート】和歌山県支部事業部 土谷賢太郎
平成30年1月28日、両支部合同の懇親釣り大会を開催しました。今回の会場となったのは和歌山県白浜町の市江というエリアで、海は全体的に浅く、磯周りに居着いた浮きグレの数釣りが楽しめる場所です。
今回の大会規定は、グレ重量の部(25㎝以上5匹の総重量)3賞、グレ長寸の部(30㎝以上のグレ一匹長寸)3賞、そして他魚の部(30㎝以上のイサギ、マダイ、イガミ、石鯛、石垣鯛、アイゴの中から1匹長寸)1賞となっており、各自お気に入りの釣研ウキで挑むかたちとなりました。
当日、集まった会員41名はくじ引きによってそれぞれの磯に渡礁していきます。ここ市江は地形変化に富んでおり、非常に魚影が濃いため会員達はヤル気まんまんです。しかし、期待とは裏腹に当日の水温は14.5度と非常に低く、厳しい海況がうかがえます。例年の同時期では水温が16度ほどあり、グレがよく釣れるのですが今年は黒潮の大蛇行により釣果も日ムラが大きいようです。
私はロワタシの口ヶ島という磯に乗ったのですが、釣り開始から2時間は餌も取られない状況が続きます。なんとか魚からのシグナルをと全誘導EX-Rの00で潮のヨレに入れていくと、渋いアタリが出ましたが痛恨の針ハズレとなってしまいました。今度はハッキリとアタリを捉えようとエイジアLCのBの半遊動でシモリの向こう側をタイトに攻めると、10㎝程度ウキをおさえるアタリが出ました。反射的にアワセを入れるとドッシリとした本命の重みが伝わります。根ズレを回避しどうにか取り込んだのは30後半のグレでした。
その後は、グレを一枚とチヌの45センチをゲットし納竿となりました。帰港後の検量は、会員の皆様の協力もありスムーズに行われました。(※大会結果下記参照)
やはりどこの磯もいつものような釣果は得られず、食いも渋いためか針ハズレやスバリが多かったとのことでした。それでも和歌山メンバー、大阪メンバーともに冗談交じりに会話も弾み、ワイワイガヤガヤとした楽しい雰囲気で一日を終える事ができました。また参加者の中には当日から新メンバーとなられた方も4名おられました。今後も大阪支部、和歌山県支部ともに新規の会員様を大募集しています。アットホームな雰囲気の釣研FGで一緒に磯釣りを楽しみましょう。次回は3月25日、和歌山県湯浅の磯でチヌ、グレ等を狙った春のイベントを予定しています。皆様のご参加お待ちしています。
今回のこのような親睦大会を無事開催できたのは両FGの役員の皆様、会員の皆様そして吉丸渡船様のおかげです。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
【大会結果 入賞者】
グレ重量の部
1位  熊谷 巌    3匹  2,015g エイジアマスターピース07号
2位  土谷 賢太郎  2匹  1,610g エイジアLC B号
3位  濵田 竜也   3匹  1,580g ゼクト M 0号
1位  熊谷会員  2位  土谷会員  3位  濵田会員
熊谷さんグレ重量1位 土谷さんグレ重量2位 濵田さんグレ重量3位

グレ長寸の部
1位  原 江美      39.0㎝  アクロ 0号
2位  室田 高義     36.7㎝  ゼクト M 0号
3位  平井 義和     35.0㎝ オペレート M 01号
1位  原会員    2位  室田会員   3位  平井会員
原さんグレ長寸1位 室田さんグレ長寸2位 平井さんグレ長寸3位

他魚の部
1位  吉村 剛  イガミ 37.4㎝  エキスパートグレ 0号
1位  吉村会員
吉村さん他魚賞


カテゴリー: 全ての報告, 和歌山県支部, 大阪支部 | コメントする

釣研FG五島支部 第1回クロ釣り大会

集合写真
【支部】五島支部
【日時】2018年1月28日 日曜日
【場所】長崎県下五島椛島一帯の磯
【参加】35名
平成29年度、五島支部事業計画に基づき、第1回クロ釣り大会を開催しました。
使用渡船は、祥福丸様、せと志お丸様、増栄丸様の3隻にご協力をいただきました。

開催場所は、下五島椛島一帯の磯を舞台に恒例の一匹重量による勝負にて開催しました。
当日の天候は、雨混じりの曇りで気温も低く、午後から季節風が少し吹く予報でした。
夜明け前に港に集合し、競技説明、渡船クジ引きを行いそれぞれの渡船が会員達を磯に上げ、大会がスタートしました。

会員達からの話を聞くと、エサ取りが一杯いた、クロの食いが渋くすっぽ抜けが多かった、当たりは道糸がバチバチはじけ飛んだなど、場所によってかなり差があったようです。
寒グロシーズン真っ只中で、如何に価値ある一尾を引きずり出せるか楽しみな状況が多かったような気がします。

15時半に納竿後、釣り場の清掃を行い、港に戻って検量を行いました。
結果は、以下の通り優勝は、1.94kgのお腹ボッテリの地グロを釣り上げた宝亀会員が優勝となりました。1位~9位までが、1.5kg以上という五島らしいハイレベルな結果となりました。
また半数以上の方がキロオーバーを釣り上げており、中には湧きグレに遭遇しキロオーバーの型揃いを十枚以上釣られた会員もいました。
この釣果が得られたのは、五島の自然の豊かさと会員の確かな釣技があっての結果であったと思います。

表彰式の後は、恒例の優勝者とのじゃんけん大会を行い、会員一同大変な盛り上がりをみせました。
また、本大会開催に対しまして各方面よりご協賛を賜り、誠にありがとうございました。

【結果表:一匹重量による勝負】

順位 会員名 重量(kg)
優勝 宝亀 智昭 1.94
準優勝 川崎 貴也 1.86
3位 生田 一三 1.80
4位 佐々野 芳則 1.71
5位 川口 季史 1.67
6位 深浦 友則 1.64
7位 濵上 幸喜 1.54
8位 竹谷 満浩 1.52
9位 山下 一美 1.50
10位 長江 健 1.45

 
【大会フォトギャラリー】
上位3名                1位 宝亀会員
上位三名 1位宝亀会員
2位 川崎会員             3位 生田会員
2位川崎会員 3位生田会員
開会式風景   せと志お丸、祥福丸積み込み風景 増栄丸積み込み風景
開会式風景 せと志お丸、祥福丸積み込み風景 増栄丸積み込み風景
洪川会員竿曲げ風景 検量風景        検量風景2
洪川会員竿曲げ風景 検量風景 検量風景2
じゃんけん大会風景
じゃんけん大会風景


カテゴリー: 五島支部, 全ての報告 | コメントする

釣研FG南小倉支部 第24回WFG支部予選会

参加者で記念撮影
【支部】南小倉支部
【日時】2018年1月21日 日曜日
【場所】大分県佐伯市米水津
【参加】10名(スタッフ2名)
【レポート】事務局 芦浦 栄吾
 2018年度のWFG出場決定戦を米水津一帯の磯にて行いました。
当日は米水津の名礁 横島3番を使用する。
厳正なくじ引きを行い1番~6番までの選手が前半12時まで横島3番に上がり7番~10番までの選手が後半16時まで横島3番で腕を競います。
全員が公平になるように釣座・時間割をきっちり決め7時に競技開始。
前半6名は50分ハーフで釣座交代。
後半4名は60分で釣座交代し腕を競いました。

当日は急激な水温低下で本来の横島3番の勢いは無くやや喰い渋り状態でしたが、潮が効きだすと入れ食いになる場面もあり楽しめしました。

帰港後の検量では35cm前後の通称、横島サイズが多かったものの殆どの会員がMAX3匹のクロを検量に持ち込み大いに盛り上がった大会となった。

以下、大会結果

優勝 3.11㎏ 芦浦栄吾
2位 2.81㎏ 江尻健太郎
3位 2.58㎏ 吉原準一

結果、芦浦が優勝し第24回WFGの出場権を得たが本戦開催の6月は業務の都合上出場が厳しい為、辞退し2位の江尻会員がWFGに初出場する事となった。
【大会フォトギャラリー】
芦浦会員        江尻会員
優勝した芦浦 2位の江尻会員 WFG本線出場
吉原会員
3位に入賞の吉原会員


カテゴリー: 全ての報告, 南小倉支部 | コメントする