2015年度 釣研FGチヌ釣り選手権大会結果

4月12日(日)、釣研FG(ファングループ)主催の2015年度チヌ釣り選手権が高知県宿毛一帯で開催された。受付・表彰会場の宿毛市藻津には午前4時の受付開始前から、四国の高知、徳島を始め岡山や九州各地の支部計71名の参加者が続々と集結。それぞれが狙いを定めた釣り場へと出発していった。
いうまでもなく高知県には沖磯の有名釣り場を始め、湾内の地磯・防波堤など釣り場は幅広く存在し、どの釣り場からでも年中手軽にチヌを狙うことが出来る。
検量開始の午後0時30分を過ぎ、参加者が続々と検量会場に到着。勝負は1尾の長寸で行なわれ、釣果が検量台に載せられてゆく。前日までの雨の天候のせいか検量に出される魚が例年より若干少ないように感じたが、そんな中でも50cmオーバーの良型が持ち込まれた。検寸サイズ50.2cm2075gを持ち込んだのは行徳博選手(北九州支部[釣研FG副会長])。その後さらに検量が進むが50cmオーバーは出ない。締め切り10分前に51.5cm2230gを持ち込んだ森井陽選手(徳島支部)が行徳博選手をおさえ栄えある2015年釣研FGチヌ釣り選手権の栄冠が輝いた。3位には、広島から乗り込んできた小島裕選手(広島支部)が48.5cm2030gで滑り込んだ。
初めての四国での開催となる今大会で九州勢が入賞者の中に数多く見られた昨年とは対照的に、四国、中国地方から参戦した人も多数入賞となった2015年釣研FGチヌ釣り選手権。今年も大盛況のうちに幕を閉じた。
参加者の皆様、お疲れ様でした。また、今回幹事の高知支部楠瀬支部長をはじめ会員の皆様大変お世話になりました。心より感謝致します。有難うございました。
第26回釣研FGチヌ釣り選手権大会結果

個人賞
順位 氏   名 所属支部 長寸(センチ) 重量(グラム) 釣り場 使用ウキ
1 森井 陽 徳島 51.5 2230 大島波止 大征黒 沈め イエロー
2 行徳 博 北九州 50.2 2075 キリハナ 征黒 3B イエロー
3 小島 裕 広島 48.5 2030 黒鳳33cm0号
4 早見 和之助 徳島 48.0 1880 泊浦小島はなれ 煌黒 3B
5 谷上 芳之 徳島 47.5 1840 泊浦小島はなれ 翔黒 0号
6 工藤 隆三 東九州 47.2 1710 大藤島オオギバエ エイジアLC 00号
7 上野 大治 大分県 47.1 1650 大島波止 エイジアMP 05
8 山口 美咲 岡山 46.0 1295 大島波止 エイジアMP 05
9 立石 宗之 徳島 45.0 1380 大島波止 ストライパー 00号
10 柴崎 守男 福岡 43.0 1150 灯台下2番 グレ専科 4B
11 野口 真平 徳島 42.5 1565 大島波止 ゼクト M 0α
12 大津 友和 大分県 42.5 1200 大島岸壁 エイジア G4
13 佐藤 彰則 東九州 41.0 1180 大藤島南 エイジアLCマスターピース 03

2015年釣研FGチヌ釣り選手権上位入賞者仕掛け


4月12日午前4時受付開始

瀬渡し前説明       乗船風景         帰港風景
午後0時30分、検量所には続々と釣果が持ち込まれ、審査員の手により慎重に検量が行なわれた。

検量受付風景       長寸         重量


上位入賞魚
表彰式の風景

釣研FG行徳副会長挨拶

釣研 楠根社長挨拶

楠瀬支部長挨拶

司会をされた高知支部 保木さん

優勝した森井 陽選手 優勝旗授与風景 左 優勝した森井選手 右 釣研FG柴崎副会長

優勝した森井陽選手   準優勝 行徳博選手  3位小島裕選手

(左)準優勝行徳選手 優勝森井選手 3位小島選手


今回幹事(運営)を行った高知支部のみなさん


宿毛市観光協会白石事務局長様   大変、お世話になった 岡崎 拓フィッシングアドバイザー


最後に締めの挨拶をされる柴崎副会長

     第26回釣研FGチヌ釣り選手権大会に参加した方全員の集合写真


カテゴリー: チヌ釣り選手権大会, 事務局からのご案内 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − four =