2019年度 第30回釣研FGチヌ釣り選手権大会結果

2019年度 第30回釣研FGチヌ釣り選手権大会結果
平成31年3月17日(日)
釣研FG(ファングループ)主催[寒竹準一会長]の「第30回釣研FGチヌ釣り選手権大会」がFG本部主管、FG福岡・筑豊支部のご協力のもと、長崎県平戸市宮ノ浦一帯で開催された。受付・表彰会場の平戸市宮ノ浦の「新波止」には、(3月17日)午前0時の受付時間から70名の参加者が続々と集結し受付を行った後、それぞれに選んだ釣り場に出発していった。長崎県には九州でも指折りの磯の有名釣り場があり、無名の地磯や防波堤などからも、手軽にチヌを狙うことが出来る釣り場がある。
大会当日の天候は、参加者が受付をする頃から少し風が強くなり、朝方には小雨が降ったが陽が昇ってからは晴れあがった、そんな中での釣り大会開催となった。
検量開始時間である午後1時になると、釣りを終えた選手が続々と検量会場へ戻ってきた。今回の勝負は25cm以上のチヌ二尾の重量で行われた。
ポイントによっては、足場が悪い中での釣りとなったが、流石は名手揃いの釣研FGの参加者達、その影響を感じさせないほどのチヌが検量に持ち込まれた。
成績は、優勝 曹 群優選手(中国支部)が2尾重量3,560g、一尾最長寸49.3センチのチヌ、2位には、原義幸選手(福岡支部)が2尾重量2,750g、一尾最長寸45.0センチ、3位には、大薗恭弘選手(福岡支部)が2尾重量2,560g、一尾最長寸寸46.0センチ。
今回30回目となる大会で、優勝者 曹 群優選手(中国支部)は、女性で初めての優勝。
また、日本人以外の優勝も初めてである。
上位10名のうち、半数の5名は福岡支部会員であり、活躍した大会となった。
最後には、空くじなしのお楽しみ抽選会が開催され、盛況のうちに、長崎県平戸市宮ノ浦で開催された「釣研FGチヌ釣り選手権大会」は幕を閉じたのであった。
今大会の運営にご協力をいただきましたFG福岡支部、筑豊支部の皆様、本当にありがとうございました。

第30回釣研FGチヌ釣り選手権大会結果
個人賞
順位 氏   名 支 部 重量(g) 長寸(㎝)  
優勝 曹 群優 中国 3,560 49.3 全遊動EX-R M/0
準優勝 原 義幸 福岡 2,750 45.0 ゼクトα B
3位 大薗 恭弘 福岡 2,560 46.0 R-G+LC G2
4位 永利 敏男 福岡 2,290 41.6
5位 田中洋一郎 福岡 2,240 42.3
6位 行徳 秀美 北九州 2,130 41.0
7位 相良 忠宏 長崎県南 2,030 40.0
8位 尾下 泰彦 長崎県北 1,960 47.1
9位 浜崎 浩二 福岡 1,930 37.7
10位 行徳 博 北九州 1,650 46.6

 

上位入賞者仕掛け図
190319_第30回釣研FGチヌ釣り選手権仕掛
【大会フォトギャラリー】
集合写真
第30回チヌ選集合写真
上位3名表彰台
表彰上位3名
釣研FG 寒竹会長あいさつ
寒竹会長あいさつ
(株)釣研 奥村社長あいさつ
奥村社長あいさつ

受付風景
受付風景
検量
検量 検量2 検量3 検量4 検量5検量前
優勝者表彰
優勝者表彰1 優勝者表彰2 優勝者インタビュー1 優勝者インタビュー2 優勝_魚
準優勝者表彰
準優勝_魚 準優勝表彰 準優勝表彰2
3位表彰
3位表彰 大園さん魚
4位~10位表彰
4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
安藤大会委員長
安藤大会委員長
山本副会長
山本副会長締め
協賛いただいた方々
協賛の皆様 協賛の皆様2
賞品関係
賞品関係
抽選会
抽選会


カテゴリー: チヌ釣り選手権大会, 全ての報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =