釣研FG土佐支部 第26回WFGグレ支部最終予選

_20200119_210121
【支部】土佐支部
【日時】2020年1月19日(日)
【場所】須崎の磯
【参加人数】9名
【レポート】土佐支部 事務局 元吉 智千

1/19に須崎の磯にて予選会で勝ち残った6名シード選手3名にて合計9名にて
決勝トーナメントを開催しました。

1回戦を勝ち抜けた浜田、佐々木、南選手にて決勝
今年の須崎は小型が多く規定サイズなしの総重量にて順位を決定、接戦を制し浜田選手が見事本戦の切符を手にしました。
【大会フォトギャラリー】
DSC_3082
DSC_3085
1579409466096 DSC_3083


カテゴリー: 全ての報告, 土佐支部 | コメントする

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会結果

FG第31回クロ釣り選手権集合写真
令和2年1月19日(日)
釣研FG主催[寒竹準一会長]の「第31回釣研FGクロ釣り選手権大会」がFG東九州支部、大分県支部、延岡支部のご協力のもと、大分県南周辺で開催された。受付・表彰会場の佐伯市の「池船スポーツ公園」には、前夜(1月18日)午後10時の受付時間から145名の参加者が続々と集結。受付を行った後、それぞれに選んだ釣り場に出発していった。大分県には蒲江、鶴見、米水津といった九州でも指折りの沖磯の有名釣り場を始め、無名の地磯や防波堤など、手軽にクロを狙うことが出来る釣り場がある。
大会当日の天候は、受付前には回復。少しうねりのあるコンディションの中での開催となった。
検量開始時間である午後1時になると、釣りを終えた選手が続々と検量会場へ戻ってきた。今回の勝負は30cm以上の2匹の重量で行われた。
一部の参加者は、うねりがある中での釣りとなり、その影響か、釣果が厳しかったとのこと。
そんな中、鶴見女郎奥から帰着した山本直紀一選手(山口県支部)が検量会場へ戻ってきた。すぐさま検量をしてみると、2匹 3,310g(長寸は45.9cm)のクロは、その時点での首位となった。その後、検量が進む中、鶴見地下モブシで竿を振った橋本敏昭選手(延岡支部)が魚を検量へ持ち込んだ。検量をした結果は、2匹 3,230g(長寸は49.4cm)。あと一歩届かず、山本氏を上回ることができずに惜しくも準優勝となり、
続いて、地元大分県支部の中川勝博選手が、魚を検量へ持ち込んだが、2匹 3,200g(長寸は50.0cm)で第3位となった。集計の最終結果は、山本選手が並み居る猛者たちをおさえ首位を明け渡すことなく、栄えある優勝に輝いた。
最後には、空くじなしのお楽しみ抽選会が開催され、盛況のうちに、大分県佐伯で開催された「釣研FGクロ釣り選手権大会」は幕を閉じたのであった。
今大会の運営にご協力をいただきましたFG東九州支部、大分県支部、延岡支部の皆様、本当にありがとうございました。

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会結果

順位 氏   名 所属支部 重量(g) 長寸(㎝) 釣り場  
優勝 山本 直紀 山口県 3,310 45.9 鶴見女郎奥 T-ACE B
準優勝 橋本 敏昭 延岡 3,230 49.4 鶴見地下モブシ 全遊動EX B
3位 中川 勝博 大分県 3,200 50.0 米水津ネコバエ エイジアMP 01
4位 上野 大治 大分県 3,150 48.4 鶴見地下モブシ エキスパートUE0C
5位 寺田 泰隆 延岡 2,950 47.8 鶴見クロバエ エイジアMP 0
6位 和田 孝志 山口県 2,940 46.6 鶴見女郎奥 夜グロSP
7位 弘中 聡 山口県 2,870 46.0 鶴見湾内 LFスマートカン付
8位 山角 勇樹 山口県 2,800 46.0 鶴見 夜グロSP 3B
9位 鳥越 善太郎 大分県 2,600 45.3 鶴見赤岩 エイジアMP01
10位 行徳 秀美 北九州 2,600 41.2 ニシノウラ ゼクトα01

 

釣研FGクロ釣り選手権上位入賞者仕掛け
200119_第31回釣研FGクロ釣り選手権仕掛

【クロ釣り選手権大会フォトギャラリー】
上位入賞者
上位入賞者(表彰台1)
優勝 山本直樹選手
優勝者_優勝旗
受付風景
受付1 受付2 受付3 受付4 受付5
検量風景
検量_釣果 検量_釣果2 検量_釣果3 検量_釣果4 検量_釣果5 検量_釣果6 検量_釣果7 検量_釣果8 検量_釣果9 検量_釣果10 検量_釣果11 検量_釣果12 検量_釣果13 検量_釣果14 検量_釣果15
表彰前新製品説明 & ジャンケン抽選
青年部_新
表彰式
司会 安藤統括本部超
司会_安藤
釣研FG 寒竹会長あいさつ
寒竹会長あいさう
釣研 奥村社長あいさつ
奥村社長あいさつ
表彰
優勝 山本直樹会員(山口県支部)
優勝者_賞状 優勝者_全九州ライター協会盾 優勝者_盾 優勝_賞品
準優勝 橋本敏昭会員(延岡支部)
準優勝_盾 準優勝_賞品
第3位 中川勝博会員(大分県支部)
3位表彰_盾 3位_賞品
第4位~の表彰風景
4位_賞品 5位_賞品 6位_賞品 7位_賞品 8位_賞品 9位_賞品 10位_賞品
優勝者インタビュー 優勝者 山本直樹会員 聞き手 橋本副会長
優勝者インタビュー
抽選会の模様
j抽選会1 抽選会2
大会終了時の手締めをされる釣研FG 山本副会長
山本副会長締め
賞品、協賛賞品
協賛一覧 協賛賞品 協賛_抽選賞品


カテゴリー: クロ釣り選手権大会, 全ての報告 | コメントする

釣研FG北九州支部 WFGグレ代表決定戦

image0
【支部】北九州支部
【日時】2020年1月26日(日)
【場所】大分県佐伯市 鶴見
【参加人数】9名(スタッフ3名/参加者6名)
【レポート】北九州支部 事業部 平嶋 寿昭
・大分県佐伯市鶴見にて、03:00受付
・04:00より、磯釣りセンターを利用し出船
・実釣時間;07:00~14:30   14:45より回収
・15:45~16:00 検量(23cm以上のグレ総重量)

○(関門地区) 中司 亮 9.440g  ○(関門地区) 辻村 一法 2.395g 

上記2名が、第26回WFGグレ大会に、北九州支部代表として出場。

・検量後、参加者全員にて記念撮影 (撮影者; 吉竹 貴広、平嶋 寿昭)
 
・ミーティングを行い、大会終了

天候不良の中、開催された北九州支部代表決定戦、試合中、選手のみなさんの士気を鼓舞し、一投、一投に思いを馳せる素適な姿がありました。選手、役員のみなさん、お疲れさまでした。
【大会フォトギャラリー】
image1 image2 image3 image4 image5 image6


カテゴリー: 全ての報告, 北九州支部 | コメントする

釣研FG大阪支部、三重支部合同釣り大会

集合写真
【支部】大阪支部・三重支部
【日時】2020年1月19日(日)
【場所】三重県尾鷲の磯
【参加人数】30名(スタッフ7名/参加者23名)
【レポート】大阪支部 事業部 谷脇 英二郎
1月19日に釣研FG大阪支部&三重支部の合同釣り大会を三重県尾鷲の磯で
開催致しました。参加者は大阪支部15名、三重支部15名、合わせて30名の参加で
川端渡船、大ちゃん渡船の二隻にお世話になりました。
当日、お天気は良かったものの低気圧通過によるウネリが残る状況で安全を考慮し
湾内磯を使用しました。
また、三重テレビ、フィッシングポイントのロケも入り三重支部から国兼氏、大阪支部からは
谷脇が撮影に参加しました。
規定寸法無し5匹の重量で競技をし13時まで釣りを楽しみました。
検量の結果、3290gで大阪支部の窪田氏が見事優勝されました。
次いで2020gで大阪支部の吉村氏が二位、1740gで三重支部の武田氏が三位、1660gで三重支部の伊藤敏大氏が四位、1610gで三重支部の川上朋記氏が五位という結果でした。
結果発表後は、お楽しみ抽選やジャンケン大会で盛り上がり大会も無事に閉会となりました。
この大会を通じて、両支部の親睦が深まりとても有意義な懇親釣り大会となりました。
三重支部の皆様ありがとうございました。
【大会フォトギャラリー】
優勝 窪田さん
優勝 窪田さん 優勝窪田さん
渡船風景        検量風景
渡船風景 検量風景
上位入賞者
上位3名
ベスト3
2位吉村さん 2位吉村さん (2)
3位武田さん 4位三重支部伊藤さん
5位三重支部川上さん

宮前さん 西村さん、かおりん
銭谷さん 閉会風景


カテゴリー: 三重支部, 全ての報告, 大阪支部 | コメントする

釣研FG三重支部・大阪支部 合同懇親会

DSC_0739
【支部】三重支部・大阪支部
【日時】2020年1月19日(日)
【場所】三重県尾鷲の磯
【参加人数】30名(三重支部15名/大阪支部15名)
【レポート】三重支部 事務局 国兼巨人郎
尾鷲の川端渡船さんと大ちゃん渡船さんにお世話になり、三重支部と大阪支部の合同懇親会を開催しました。今懇親会は昨年11月に予定していましたが、悪天候のため延期となり日程を改めての開催となりましたが、合計30名のFG会員に参加頂き、三重テレビの釣り番組フィッシングポイントの撮影も交えて開催することができました。

私と大阪支部の谷脇さんは撮影のためグンカンに渡渉しました。寒グレシーズンなのに水温が高いからなのか、1ヒロくらいのタナでコッパグレが釣れる状況で頻繁に竿は曲がるのですが、なかなかサイズアップできず30cmオーバーを釣るのがやっとでした。
どの磯もコッパグレが多かったようで、40cmオーバーは1尾しか釣れませんでしたが、参加者のほとんどの方が検量にグレを持ち込んで頂き、表彰式も盛り上がりました。

当日はウネリの影響で湾内磯を使用することとなりましたが、それでも予報に反して昼前0からウネリがさらに大きくなりバッカンを流されたり窮屈な思いをさせてしまったことをお詫びするとともに、事故無く無事に懇親会を終えることができたことを役員としてお礼申し上げます。
また次回も楽しい懇親会を開催したいと思いますので、宜しくお願い致します。

遠路遥遥、参加して頂いた大阪支部の方々、ありがとうございました。

大会結果(5匹までの総重量)

1位  窪田 豪之(大阪支部)  5匹  3290g
2位  吉村 剛 (大阪支部)  5匹  2020g
3位  武田 英敏(三重支部)  5匹  1740g
4位  伊藤 敏大(三重支部)  5匹  1660g
5位  川上 朋記(三重支部)  5匹  1610g
【大会フォトギャラリー】
line_656767547116420
line_656759318690850 line_656760739637621


カテゴリー: 三重支部, 全ての報告, 大阪支部 | コメントする

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会開催のお知らせ

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会は、予定通り開催いたします。
大会に参加される選手の皆様、お気をつけてお越しください。
191202_クロ選チラシ
スタッフ一同、会場にてお待ちしております。

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会実行委員会 事務局


カテゴリー: クロ釣り選手権大会, 全ての報告 | コメントする

釣研FG長崎県北支部 #26WFGグレ 第2回支部予選会報告

DSC_1899
【支部】長崎県北支部
【日時】2020年1月5日(日)
【場所】長崎県佐世保市沖 ガニ瀬一帯(渡船:三平丸)
【参加人数】選手21名、役員1名
【レポート】長崎県北支部 事務局 久保川剛

1月5日(日)、#26WFGグレの出場者を決める、釣研FG長崎県北支部第2回予選会を、佐世保市沖ガニ瀬一帯で開催しました。使用渡船は、三平丸さんにお世話になりました。
 当支部会員数は90名のため、支部代表枠は3名です。先月の第1回の予選会では2名の代表を選出したので、この第2回予選会においてもう1名を選出します。
大会規定は、2人(3人)対戦の2時間×3回戦のトーナメント方式で競技しました。対象は23cm以上のグレの総重量とし、トーナメントを勝ち抜いた優勝者を支部代表に選出する方法で実施しました。
当日は雨と風が予想され、開催が危ぶまれましたが、船長判断により開催できる運びとなりました。 

状況としては、全般的に潮の流れのある磯はグレの活性があるものの、場所によっては潮行きが悪くバリなどが邪魔をし、釣り辛かったところもあったようでした。しかしながらグレの釣果が無く勝敗のつかない対戦はなく、さすがのFG会員の皆さん、全ての対戦で釣果があり勝敗がつきました。
特に2回戦は、3試合とも1尾での勝敗となりましたが、その貴重な1尾を掛けて取り込む釣技が運命を分けました。

そんな状況の中、見事決勝戦にコマを進めたのは、WFG優勝経験もある加藤会員、昨年も代表の山崎会員、念願の決勝進出の尾下会員という対戦で、審判は支部事務局でもある役員の久保川が務め、白瀬の西で対戦しました。
山崎会員は、「ゼクトL」0αマスカットを使用し、潮受けウキゴムから25cmの所にウキ止めをつけた仕掛けで臨みました。当日はグレの活性が低いと感じ、ウキを浮かせて地形や潮の変化のあるポイントを探り、仕掛けが入りすぎるとバリが当るため比較的浅いタナに絞った釣りを展開していました。
前釣りの際に、潮が走るとグレの活性が感じられたので、その際はガン玉G6を段打ちし沖の潮目を沈め気味でアプローチしたとの事でした。
その甲斐もあり、1ラウンド目に貴重なアタリを捉えてキーパーサイズを取り込み、見事優勝されました。

最後に、支部代表の意気込みコメント発表なども行われ、たいへん盛り上がった予選会となりました。支部代表として、決勝大会でも頑張って頂きたいと思います。
安全にサポートして頂いた三平丸の岡船長に感謝します。

大会結果は、下表の通りです。

#26WFGグレ第2回支部予選会結果

結 果 順 位 会 員 名 匹 数 重 量
支部代表 優 勝 山崎 義定 1 420g
次点※ 2 位 加藤 直 0 0g
3 位 尾下 泰彦 0 0g
※次点は2回戦の釣果による決定
【大会フォトギャラリー】
DSC_1878 DSC_1888 DSC_1894 DSC_1895 DSC_1905


カテゴリー: 全ての報告, 長崎県北支部 | コメントする

第26回 WFGグレ青年部予選会開催のお知らせ

第26回 WFGグレ青年部予選会

1.開催場所:愛媛県宇和島市日振島(予定)

2.開催日 :2020年2月23日(日)

※中止の場合は2/21(金)の17:30までに釣研ホームページ内「FG広場」にてご案内致します。
個別の連絡は致しませんので、上記をご確認下さい。

3.受付・集合場所:愛媛県宇和島市石応(こくぼ)86-4 はまざき渡船敷地内
※近くの蒋淵(こもぶち)というところにも「浜崎渡船」があります。間違えないようにして下さい。
青年部会員年齢は今年度更新時年齢が40歳未満
(2019年7月1日時点で満40歳未満)

4.使用渡船:はまかぜ・第5はまかぜ(はまざき渡船) 電話番号 0895-28-0212

5.受付時間:午前4時30分~午前5時 (予定)

6.出船時間:午前5時30分(予定)

7.競技時間・方法(予定)
予選:午前7時~午前10時 決勝進出者4名を決定
(1)受付時に抽選を行い、渡船・瀬上がり順・同礁者を決定。
瀬上がりは2~3名(渡船スタッフ・船長の指示に従うこと)
(2)瀬上がり後、競技開始時間までは待機すること。
(3)同礁者同士で境界線を決め、ジャンケンで勝った方から釣り座を選択。
(4)釣り座については時間内で等分し、時計回りに交代とする。
(5)釣り座交代のためのインターバルは設けないため、移動は各自判断で行うこと。
時間になった場合速やかに交代すること。
(6)瀬替わりは安全上の緊急性がない限り行わない。
(7)競技時間中のエサについては、マキエ・ツケエあわせて釣研・釣研FGバッカン
の36cmもしくは40cm バッカン1杯までを限度とする。
(8)ツケエは、生オキアミ、加工オキアミ、ボイル、サシアミとし、ムキミは禁止。
活きエサ、ダンゴエサも禁止 とする。
(9)その他基本的な競技事項については、WFGグレのルールに基づく。
(10)決勝に進出できなかった方は、決勝戦見学もしくはそのまま釣りを続けるかを
選択できます。回収時に申し出てください。

決勝戦:午前11時30分~午後1時45分  決勝進出者4名で対戦
(1)競技審判が境界線を決定し、ジャンケンで勝った方から釣り座を選択。
(2)釣り座については30分ごとに時計回りに交代とする。
(3)釣り座交代のためのインターバルを5分設ける。
(4)決勝戦のエサについては、マキエ・ツケエ合わせて釣研・釣研FGバッカンの
36cm1杯まで、もしくは40cm バッカン使用の場合は使用する集魚剤の
量をメーカー記載表記量5,000gまでとする。
(5)決勝戦のマキエは、オキアミ生2枚を大会運営より支給する。
(6)集魚剤については各自準備とする。
(7)ツケエは、各自で準備すること。生オキアミ、加工オキアミ、ボイル、サシアミ
とし、ムキミは禁止。 活きエサ、ダンゴエサも禁止とする。
(8)その他基本的な競技事項については、WFGグレのルールに基づく。
(9)予選の後、釣りを続けた方は決勝戦終了前に回収となります。
午後1時頃には納竿し、磯の掃除をしてお待ち下さい。

8.審査方法
予選:キープサイズ規定なしとし、グレ(クチブト・オナガ)10匹の総重量
同重量の場合は、同礁者との重量差が大きい方とする。各船上位2名が決勝進出。
2位選出の方法は、当日競技説明時に説明する。
決勝:キープサイズ規定なしとし、グレ(クチブト・オナガ)10匹の総重量
同重量の場合は、最大長寸が大きいほうとする。

9.その他注意事項
(1)イベント開催時において、盗難、交通違反、荷物破損、ケガ、事故(大会中、
移動中の交通事故を含む全ての事故)について、主催者及び協賛者は一切の
責任を負いません。
(2)釣研FGキャップまたは釣研キャップの着用をお願い致します。
(3)フローティングベストはできる限り釣研・釣研FGのものをご使用ください。
(4)大会の模様はホームページ、雑誌記事等でご紹介致します。
(5)今回の大会は、渡船を利用しての大会となります。必ずライフジャケットおよび
磯靴の着用をお願い致します。
(6)夜間暗いうちの瀬上がりが予想されます。キャップライトの準備や各自でお願い
致します。
(7)検量する魚はできるだけ活かした状態で行って下さい。死魚については、必ずお
持ち帰りください。

10.大会スケジュール
04:30 受付開始  ①受付時に対戦クジを引いてください。クジ番号に応じた渡船前に荷物を準備してください。
積み込みは番号が大きな順から行います。
②受付終了後、準備を済ませて待機してください。

05::00競技説明  ①競技説明後に質疑応答を行います。不明点があれば確認してください。
②競技開始時間は対戦者同士で合わせてください。

05:30 出船   ①競技開始時間までに対戦者同士で境界線を決めて下さい。

07:00 予選     ①回収については、役員の指示に従って下さい。
10:00 予選終了 ②10:00に競技を終えて下さい。回収に時間がかかる場合があります。準備して待機して下さい

11:30 決勝戦1R開始 ①役員が審判を行います。
12:00 決勝戦1R終了 ②見学者の方は、競技の妨げにならない場所で観戦を
12:05 決勝戦2R開始  して下さい。
12:35 決勝戦2R終了
12:40 決勝戦3R開始
13:10 決勝戦3R終了 ①予選後実釣者回収開始
13:15 決勝戦4R開始
13:45 決勝戦4R終了  ①現場で検量します。

14:30 表彰式       ①表彰およびお楽しみ抽選会を予定しています。
※進行状況により、時間が前後する場合があります。
表彰:優勝(第26回WFGグレ出場権)・2位・3位

11.申し込み方法  各支部・地区で取りまとめてお申し込みをお願いします。
※本部統括支部所属もしくは取りまとめが難しい場合は、個人での申し込みも受け付けております。
申込書はこちら
Eメール : fg@tsukriken.co.jp FAX : 093-291-2256(釣研FG事務局)

12.参加費  9,000円(渡船代・保険料込) ※大会当日支払

13.申込締切 2020年2月14日(金)

青年部対象者以外の方については、オブザーバー参加が可能です。
参加申し込みの際に一緒にお申込み下さい。

※変更があった場合は、ホームページ「FG広場」にてご案内致します。

●第26回 WFGグレ青年部予選会運営委員 新 祐一郎(携帯電話 080-1731-8638)
※夜10時以降のお電話はご遠慮下さいますよう、ご協力をお願い致します。

※大会内容・不明点についてのお問い合わせについては、上記大会運営にお願い致します。


カテゴリー: 全ての報告, 青年部, WFG | コメントする

釣研FG和歌山県支部 第26回WFGグレ選抜決勝大会

1578395610561
【支部】 和歌山県支部
【日時】 2019年12月22日(日)
【場所】 和歌山県那智勝浦町
【天候】 曇り後雨
【海水温】 19度
【対象魚】 グレ(口太、尾長、ウシグレ)
【渡船利用】 清丸渡船
【レポート】 和歌山県支部 嶋津栄規
 2019年12月22日に釣研和歌山県支部のWFG決勝大会を那智勝浦町・清丸渡船様にお世話になり開催しました。
夏と秋の2回に渡り開催した予選会より勝ち上がった10名に昨年度のシード2名を加えた12名がエントリーし決勝大会がスタート。
くじ引きにて対戦相手が決定する1回戦はマンツーマン方式とし、準決勝には6名が進出。3名づつ2組に分かれた準決勝の結果、熊谷さんと土谷さんが決勝進出。午後から決勝戦がスタートとなり60分ハーフの120分の決勝戦は規定寸法22㎝以上とし湾内にあるラクダ磯で行いました。
釣り合いになる事も予想されましたが試合開始直後からポツポツとたまにアタリがある程度で規定寸法に届かない魚も混じり両者ともに中々釣果が伸びず苦戦する展開となり前半が終了。
後半に入っても状況は好転せず厳しい状況が続き結局そのまま試合終了となりました。
帰港後の検量の結果土谷君が優勝となりWFG決勝大会への出場権を獲得となりました。
惜しくも準優勝となった熊谷さんをはじめ各会員様には来年度WFG決勝大会出場をかけて今後の予選会頑張って頂きたいと思います。
参加者の皆様お疲れ様でした
最後に大会をサポートして頂きました清丸渡船様有難うございました。

本大会結果は以下の通りです。

和歌山県支部WFG選抜決勝大会結果

優勝 土谷賢太郎  5匹 1410g  (使用ウキ)オールフリー0号

準優勝 熊谷巌    3匹 955g   (使用ウキ)エイジアマスターピース0号

優勝 土谷賢太郎さん

DSC_1475

DSC_1475


カテゴリー: 全ての報告, 和歌山県支部 | コメントする

釣研大阪支部 WFG代表選手選抜予選会&懇親釣り大会

集合写真尾鷲
【支部】大阪支部
【日時】2019年12月22日(日)
【場所】三重県尾鷲の磯
【参加人数】10名+オブザーバー5名
【レポート】大阪支部 谷脇 英二郎
 12月22日、釣研大阪支部のWFG代表決定トーナメント&親睦釣り大会を三重県尾鷲の磯で開催しました。大ちゃん渡船様にお世話になり、トーナメント参加者6名懇親会9名での開催となりました。ルールはトーナメントグレ10匹、懇親会グレ5匹(規定寸法は無)の総重量で競技をしました。
当日は雨予報でしたが、何とか曇天のまま納竿の12時半まで天気は持ち堪えてくれましたが、釣果の法は、グレの活性が非常に低く参加者の皆さん、苦戦を強いられる大会となりました。
 トーナメント1回戦はヨゴマ周辺の磯に2名ずつ3組に分かれ60分×2クールで競技し、厳しい中(児玉さん、窪田さん、金子さん)3名が勝ち上がり、決勝戦は、3名がチャビンの磯にて60分×3クールで競技を行い、残り20分に価値ある1匹を手にした児玉さんがWFG大阪支部代表の切符を勝ち取りました。
親睦会は沖の一級磯、立神周辺に分かれて渡礁し、松本さんが41㎝の良型グレを含む2匹を釣り上げ優勝となりました。
参加頂きました皆様ありがとうございました。大ちゃん渡船様お世話になりました。
今回も会員同士の交流が深まり、終始和気藹々と楽しい雰囲気で開催できました。
次回は1月19日に三重支部様との合同大会を同じく尾鷲の磯で開催致します。
大会結果
尾鷲釣り大会参加者 FG大阪支部WFGグレ代表決定

【大会フォトギャラリー】
決勝戦3名
決勝戦3名1 決勝戦3名2
トーナメント優勝児玉さん
トーナメント優勝児玉さん1 児玉さん価値ある1尾3
トーナメント優勝児玉さん価値ある1尾
懇親会優勝松本さん
懇親会優勝松本さん
グレ中野さん
40㎝グレ中野さん
金子さんヒラマサ
金子さんヒラマサ


カテゴリー: 全ての報告, 大阪支部 | コメントする