釣研FG徳島支部グレ釣り大会

平成25年6月30日(日)、釣研FG徳島支部のWFG予選会が愛媛県矢ヶ浜の磯にて行われました。徳島支部のWFG予選会は全3回あり、今回はその初戦。24名の参加者が、グレ5匹の総重量で競技しました。
梅雨も終盤を迎えたこの日、数日前までの天気予報は晴れでしたが、あいにく朝から雨模様。しかし、予選に挑む各選手は気合い満々で午前4時半に出船しました。
抽選番号の若い順に選手を磯に降ろしていき、私は、高橋秀典インストラクターと一緒に矢ヶ浜を代表する磯のひとつ「ガバの4番」に降りました。『トーナメントゼクト』を使用し、40~30センチのグレ,また検量対象外ではありますが旬のイサキ釣りを楽しみました。10時頃に一度止んだ雨も昼過ぎから再び降り始め、午後1時半に納竿。喰い渋りを見せた磯もあったようですが、22名の選手が検量されました。
優勝は「カバの5番」で5505gという釣果を出した井手昭彦選手。準優勝は松島友紀選手が「長崎の地」で5400g、3位は岡田正行選手が「長崎バナ」で4160gという結果でした。
雨の中の表彰式となりましたが、大会は大いに盛り上がり、無事に第1回の予選会を終えることができました。WFGを目指し、残り2回の予選会も頑張りたいと思います。


カテゴリー: 全ての報告, 徳島支部 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 19 =