第25回釣研FGクロ釣り選手権大会結果

11月17日(日)、釣研FG(ファングループ)主催の2013年度クロ釣り選手権が大分県南部一帯で開催された。受付・表彰会場の佐伯市・番匠川河 川敷には前夜11時の受付開始前から山口・九州各地の支部、遠くは台湾支部から総勢153名の参加者が続々と集結。受付を済ませると「一発大物」を目指し、蒲戸~鶴見、米水津、蒲江などの釣場に、優勝への大きな期待を込めて出発していった。
当日の状況は、午前中は晴れのち曇り昼から雨の天候で、釣り場によっては日の出から風が強くなり、うねりも出てくる生憎のコンディションとなった。それでもシーズン真っ只中ということもあり、釣り場によっては他のメーカー大会も開催され、多くの釣り人が竿出ししている状況。加えて日の出直後に満潮潮止まりを迎えたこともあり、限られた時間内で良型の魚信をキャッチできるかが勝負の分かれ目となった。
検量開始の午後1時を迎え、続々と参加者達が検量会場へと良型のクロが持ち込まれた。各地区ともに平均的に釣れたようであるが、場所によっては先述のように厳 しい釣りとなった人もいる中、40cmオーバーの良型が続々と持ちこまれ、魚の展示台の順位が入れ替わる度に歓声があがっていた。
その中でも優勝の座を射止めたのは、井手 大さん(福岡支部)。鶴見で、「シャイニング」の2Bを駆使して仕留めたのは、49.8cm、1735gの良型。2位とは同寸で重量では5gの僅差ではあったが並み居る強豪を抑え、栄えある2013年クロ釣り選手権の栄冠を手中に収めた。
準優勝には、一位と同寸の49.8cm、1730g、今回の主催支部でもある東九州支部の平松義洋さんが入賞。1位との重量差5gで涙を呑む結果となった。この1尾は東九州支部長でもある猪熊博之さん監修の「エイジアマスターピース」02を使い、全遊動釣法にて仕留められた。
そして3位には、49.0cm1740gを釣り上げた高橋秀徳さん(延岡支部)。クラビティ0号を駆使して入賞した。重量では1位を上回ったものの惜しくも長寸が足らず3位となった。
検量が終わってみれば、1位と10位の差が3.8cmというミリ単位での争いで、全員の釣場が鶴見という例年になく厳しい戦いで、2013年釣研FGクロ釣り選手権の幕を閉じた。

個人賞 大会結果
順位 氏   名 所属支部 長寸(センチ) 重量(グラム) 釣り場 使用ウキ
1 井手 大 福岡 49.8 1735 鶴見 シャイニング
2 平松 義洋 東九州 49.8 1730 鶴見 エイジアマスターピース
3 高橋 秀徳 延岡 49.0 1740 鶴見 グラビティ
4 藤井 豊 山口県 48.8 1590 鶴見
5 田嶋 達也 長崎県南 48.6 1675 鶴見
6 小野 信明 南小倉 47.6 1605 鶴見
7 山根 勝治 山口県 47.1 1555 鶴見
8 久保 啓司 山口県 46.7 1585 鶴見
9 野村 豊 山口県 46.5 1455 鶴見
10 杉田 弘行 山口県 46.0 1320 鶴見
飛び賞 大会結果
順位 氏   名 所属支部 長寸(センチ) 重量(グラム) 釣り場
15 森口 修一 南小倉 44.6 1325
20 橋本 翔葵 山口県 43.8 1220 鶴見
25 藤澤 勝 大分 43.1 1370 鶴見
30 小野 寿幸 長崎県南 42.5 1035 鶴見
35 吉沢 尚 福岡 41.6 1115 鶴見


カテゴリー: クロ釣り選手権大会, 事務局からのご案内 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + seven =