釣研FG熊本支部クロ釣り大会報告

釣研FG熊本支部クロ釣り大会が12月8日(日)熊本県牛深一帯の磯で行われた。今回から、WFG予選に参加をされる会員さんはトーナメント方式で行う事となった。朝5時、クロ釣り大会に協力していただいている石鯛丸・初丸・はいや丸に乗船して、一斉にスタート、各々磯へと向かった。今回、私が乗船した初丸は沖の瀬一帯の担当となり、次々に会員を降ろしている。情報によると牛深一帯では余り釣果は上がっていないとの事。不安もあるが釣り開始、マキエを打って竿を振るが当たりがない。棚を替え、ラインを替えても当たりがない。時折釣れるのはバリ・イズスミばかりで、クロは居るのだろうか。周りを見渡しても竿が曲がっていない。ただひたすら竿を振る。
見回りに来た初丸から、沖の瀬では釣れていないとの事。友人に電話して話を聞くが釣れていない。不安だらけで午後1時の納竿となった。港に上がり、表彰式の準備をしていると不幸な一言。WFG予選が釣れなくて不調に終わったとの事。しかし、少数ではあるが釣れいていた。検量を始めると持ってきたのは50cmオーバーのクロ。南部地区の山野さんが沖の瀬、東のモト瀬に上がったとの事。他に3枚の提出しかなかった。その後、表彰式を行い参加した会員全員に賞品が行き渡った。

優勝 山野公裕(南部地区)50.6cm(沖の瀬、東のモト瀬)
2位 村上敬一(三角地区)40.0cm(片島、カイタク)
3位 山口真智子(中央地区)36.0cm(片島、カイタク)
4位 金子 龍(天草地区)30.5cm

WFG予選が成立しなかったが、予選会のメンバーで2人が2014年WFGの出場権を得た。
1.岩沢純哉(三角地区)
2.藤本和也(中央地区)新規

前田泉支部長から優勝の山野さんへ優勝賞品が授与された

左から3位の山口真智子さん、優勝の山野公裕さん、2位の村上敬一さん

今回参加した熊本支部メンバー


カテゴリー: 全ての報告, 熊本支部 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + two =