WFG関西支部代表決定戦 大会レポート

【支部】 関西支部
【日時】 平成26年9月28日(日曜日)
【場所】 福井県音海の磯
【レポート担当】 阪神地区長 横山 誠

9月28日(日) 音海の磯で、次年度のWFG出場者を決める、代表選考会を開催しました。
各地区(大阪、和歌山、阪神、京滋)の予選を勝ち抜いた18名でトーナメント形式で行い、他のFG会員様はエンジョイコースとして、グレの一匹長寸で懇親を深める、二本立て形式。
出船時は気にならない程度だったの風が、一回戦終了間際に強くなり、うねりを伴い波が高くなりだしました。
船長と競技スタッフの判断で、予定していた沖磯は諦め、二回戦以降は湾内に舞台を移して行いました。安全第一で賢明な判断だと感じます。

決勝進出したのは、和歌山地区の北紺選手と阪神地区の小野選手です。

他の選手達も同じ磯に上がり、後方から見学です。
磯際には餌取りのオセンと小アジが群がり、グレの活性も悪く沖に出ていきません。餌取りを騙しながらの釣りで、両選手ともテクニックを駆使してグレを釣っていきます。
数では小野選手が上回り、北紺選手は良型をキープしています。

帰港して行われた検量の結果…

優勝、阪神地区 小野貴文選手となり、次年度のWFG関西支部代表と決まりました。
エンジョイコースの部では、根来氏が優勝され、大会は大盛況のなか、無事故で終える事ができました。


カテゴリー: 全ての報告, 関西支部 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 5 =