釣研FG京築支部WFG予選 大会報告

【支部】京築支部
【日時】2014年12月14日(日)
【場所】大分県佐伯市米水津
【参加人数】8名
【レポート担当】 京築支部 塩次鉄也

 12月14日、大分県佐伯市米水津で釣研FG京築支部のWFG予選会を最終エントリーがありました。
片山さん、宮嶋さん、横田君、丹生兄弟、吉元君、福島君と私の合計8名によるトーナメント形式で開催しました。
 午前1時にえびす丸の休憩所に集合し、WFGルール方式で行うことを確認して、くじ引きによる対戦相手を決めて午前2時に出港しました。
 白浜のオク、白浜、カツアジロのハナ、カツアジロの奥の4か所に別れて瀬上がりして、午前7時より1回戦が行われました。
 当日は、小潮で午後13時の満潮で開始当初は、まだ満ち潮の流れ初めで、なかなか本来の潮が流れない中での試合開始でありました。
 私もカツアジロのオクで苦戦する中、一瞬の潮の流れをつかみ30㌢オーバーのクロと35㌢の尾長クロを立て続けに釣り上げ1回戦を突破することができました。
 2回戦は、白浜で宮嶋さんと対戦で強風の中、不運にもリールのトラブルも発生し、4尾対2尾で宮嶋さんが勝ち上がりました。
 もう一方の2回戦は、カツアジロのハナで片山さんと丹生(兄)が対戦し8尾同志の接戦となり、総重量の結果300㌘差で片山さんが勝ち上がりました。
 決勝は、片山さんと宮嶋さんの実力者同士の対戦となり、カツアジロのハナで行われ、隣の白浜から見るとお互い竿を曲げているため、どちらが優勢か解らない状況でありました。
 回収時に結果を聞いてみると8尾対5尾で宮嶋さん軍配が上がりました。
 宮嶋さんの2回目のWFG出場が決定しました。
京築支部代表として、優勝を目指して活躍して頂きたいと思います。
 最後に寒クロシーズンの忙しい中、トーナメント方式で予選を行い、細目に動いて頂いたえびす丸の船長に感謝いたします。


カテゴリー: 京築支部, 全ての報告 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − seventeen =