釣研FG富士山支部 第22回WFG予選会


【支部】富士山支部
【日時】2015年11月22日(日)
【場所】静岡県下田市須崎 すさき丸様
【参加人数】19名
【天候】晴れ、北東風7m、波高3m
【レポート】富士山支部 木村雅和
【規定】
(1)同礁者に危険が生じた場合、その救助を最優先とする。
(2)規定寸法に満たない魚は、その場でリリースすること。
(3)前後半で釣り座を交代し、沖上がりを14:00とする。
(4)25cm以上、5匹の総重量で検量する。
(5)同重量の場合は匹数が多い選手とする。
(6)それでも同じ場合は最大魚の長寸で雌雄を決する。
(7)優勝者が第22回WFG出場権を獲得する。

 第22回WFG予選会を、静岡県下田市須崎のすさき丸様で開催致しました。
当日は北東風7m・波高3mの悪条件でしたがメンバー一丸、安全を最優先に
臨みました。
渡礁するとやはり、波は這い上がって来るは、強風で竿が曲がり、魚を掛けているかの様な錯覚に陥るはで、魚信を取るのも一苦労でした。
しかし、優勝された実力者・鈴木なぎさ姉さんは、B浮力のウキをシブシブに調整。
強風の中でも適格に魚信を捉え、最大魚となる口太37cmを含め、きっちりリミットメイク。昨年、G杯本選出場は伊達ではありませんでした。
WFG本選でも、日頃の成果を遺憾なく発揮してきて頂きたいと思います。
伊達ではないのは、富士山支部メンバーも同じ。外道キタマクラに針を3袋も献上してしまうメンバーも居られましたが、お二方を除いた全てのメンバーに釣果がありました。天候や海況に左右されない釣技の賜物です。
強風で帽子を飛ばされてしまったメンバーも入らっしゃいましたが、大きな事故やケガもなく、各々の引出しを増やす事ができた良い大会となりました。
最後に、安全な磯渡しを行って下さいました、すさき丸様に感謝申し上げます。

大会結果は、下記の通りです。

大会検量結果(3尾の総重量)
順位 氏   名 重量(g) 匹数
優勝 鈴木なぎさ 2,120 3
準優勝 木村雅和 1,655 3
3位 亀田徹 1,395 3

【富士山支部第22回WFG予選会入賞者】
第22回WFG入賞者


カテゴリー: 全ての報告, 富士山支部, WFG タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =