釣研FG八女支部 初釣り釣行

P1020158
【支部】八女支部
【日時】2016年1月2日(土)
【場所】大分県鶴見半島 先ノ瀬 イガバエ
【参加人数】14名
【レポート】八女支部 支部長 田代 智之

新年明けましておめでとうございます。今年も安全で楽しい釣りを心がけて行きましょう!今年も初釣りは先の瀬釣行から始まりました。上がった磯はイガバエです。当日の気象状況は、晴天で風も無く絶好の釣り日和です。毎年ですが、初釣りの時は、クラブの新年会を兼ねています。出航は午前3時前。参加メンバーはクラブ員14名です。20分程でイガバエに到着しました。早速新年会の準備!たくさんの食材が出揃いました。大いに盛り上がりを見せた新年会!夜明け前まで続きました。
夜が完全に明けた午前7時竿出しです。まだマキエが効いてないのか、魚信はありません。20分程経った頃から、マキエが効いたのか、それぞれのポジションでの竿が曲がり始めました。場所によっては一投毎の入れ食いになっいてます。型は平均して35㎝でしょうか!中には40㎝クラスばかり揃えているクラブ員もいます。マキエとツケエが同調すれば食ってくる感じです。
納竿時間は午後2時ですが、各自早々とクーラー満タン状態になってきたようで、早めに片付けをしているメンバーも多くありました。時折沖からのうねりで足下が洗われる事もあり、明日は厳しい状況になるんじゃないだろうか?最後にみんなで磯をきれいに掃除をしてイガバエを後にした。港に帰って、みんなの釣果を見たけど、50㎝近い大物の姿もあり、大いに盛り上がった初釣りとなった。また来年も行きたい磯である。

P1020161P1020171P1020172


カテゴリー: 全ての報告, 八女支部 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =