釣研FG関西支部和歌山地区 懇親大会

関西支部和歌山地区集合写真
【支部】関西支部和歌山地区
【日時】2016年1月17日(日)
【場所】串本・出雲エリア
【参加人数】36名
【レポート】関西支部 和歌山地区長 嶋津栄規
釣研FG関西支部和歌山地区にて平成28年1月17日に懇親大会を開催しました。開催場所は串本・出雲エリア。関西を代表する釣り場のひとつである串本での開催と合って参加者は36名。阪神地区、大阪地区からも関西支部の会員様に参加して頂き加えて他の釣り人の姿も多く出雲港は早朝より賑わいを見せる。大会規定はグレ5匹までの重量の部、グレ1匹長寸の部、他魚1匹長寸の部の3部門での表彰で磯ムラが大きいとの事前情報により規定寸法は無しとした。今シーズンの串本エリアはシーズン初期から中型グレの数釣りに良型が混じると言った好調ぶりでこの日集まった参加者も乗船時の表情から皆気合が入っている様子が伺える。小川渡船様、谷口渡船様と2隻に分乗し午前6時20分に出港となった。眼前に広がるロケーションに見とれる間もなく参加者が次々と渡礁し大会がスタートとなった。私も会員の方と共に渡礁し釣りを開始した。この日使用したウキは釣研のストライパー。爪楊枝を使用した固定ウキ仕掛けで先ずはウキ下2ヒロで磯際から反応を伺う。刺し餌が残る状況に少しずつウキ下を深くすると待望のアタリ。しかしながら上がって来たのはカワハギ。対象外ではあるものの食べて美味しいお土産である。その後しばらく釣りを続けるも反応が得られず時間もあっという間に過ぎ去る。正午過ぎ潮流に変化が見られたタイミングでついに本命のアタリを捉えるものの単発。その後もアタリはあるもののニザダイ、タカノハダイと言った対象外魚のオンパレードとなり納竿となった。非常に厳しい状況を裏付けるように帰港後の検量に持ち込まれたのは12名。ほとんどの方が対象魚を得られないと言った状況の中、グレ重量の部は45㎝の良型を含め5匹のリミットメイクに成功した小野貴文様。グレ1匹長寸の部は室田高義様、他魚1匹長寸の部は横山誠様とそれぞれの方が見事に各部門の1位を獲得されました。表彰後はお楽しみ福引き大会もあり大いに盛り上がり大会を終える事が出来ました。皆様お疲れ様でした。

大会結果は、下記の通りです。

大会検量結果(グレ重量の部)
順位 氏   名 重量(g)
1位 小野貴文 3,700
2位 豕瀬陽一 2,880
3位 杉野充紀 1,010
4位 山口雅三 650
5位 岡田忠幸 580
大会検量結果(グレ1匹長寸の部)
順位 氏   名 長寸(cm)
1位 室田高義 36.8
2位 田実真一 34.7
3位 井上賢一 34.2
4位 坂口博紀 31.8
5位 宮崎博之 31.7
大会検量結果(他魚1匹長寸の部) イガミ
順位 氏   名 長寸(cm)
1位 横山誠 34.5
2位 集田実 27.1

カテゴリー: 全ての報告, 関西支部 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × four =