2017年度 釣研FG和歌山県支部 親睦釣り大会兼、 WFG予選(B)

集合写真【支部】和歌山県支部
【日時】2017年9月24日(日)
【場所】和歌山県串本町・須江エリア
【参加人数】15名
【天候】曇り時々晴れ
【海水温】25.8度
【対象魚】グレ(口太、尾長、ウシグレ)、イサキ、アイゴ、ブダイ、マダイ、青物
【渡船利用】しょらさん渡船
【レポート】和歌山県支部 事業部員 安田裕也

2017年度の行事として第2回目となる和歌山県支部親睦釣り大会兼、WFG予選(B)を
和歌山県串本町の須江エリアの磯にて開催しました。やっと朝晩の暑さが和らいできましたが日中はまだ汗ばむ気候です。海の中はまだまだ夏真っ只中、船長に状況をうかがうも最近は
フカセのお客様も少なくて、目立った釣果がない状況だそうです。
釣研FG和歌山県支部会員にオブザーバー参加者として大阪支部の会員の児玉様を加え、
合わせて15名が集いました。
WFG予選の競技ルールは前回A予選会と同様で規定寸法なしのグレ10匹までの総重量にて審査。親睦釣り大会ではグレ1匹長寸、グレ3匹重量、他魚の部として(イサキ・アイゴ・ブダイの部)と(マダイ・青物の部)の4賞を設け競技開始。
夜明け後すぐに出船。しかし、東からのウネリが残り思う沖磯へは上がることはできないと判断。安全を第一に考えて、湾内磯であらかじめくじ引きにて決定した対戦順に各磯へと渡礁し午前6時から14時まで釣りをしました。
私はシードをいただいている為、のんびりと大阪支部の児玉さんと親睦会へ参加。
私はグレ、イサギ、和歌山の秋の風物詩イガミ(ブダイ)、エギでアオリイカと秋磯を存分に楽しむ事ができ、釣りを終えて帰港しました。
まだまだ水温が高い状況で釣果が心配されましたが、参加者のほとんどがグレを始め、色々な魚の引きを堪能できたようです。WFG(B)予選会でのトップ重量は3,580gの鈴木徹也さん。平均的に型の良い口太を揃えた釣果で対戦にも勝利されました。
お世話になりました しょらさん渡船様と参加者の皆様のご協力により事故や怪我もなく無事に大会を終えることが出来ました。皆様お疲れ様でした。次回は12月にWFG決勝トーナメントと釣り講習会を予定しております。

本大会結果は以下の通りです。

WFG予選会(B)

順位    会員名 匹数 合計重量(g)
1位    鈴木 徹也 10匹 3,580
2位    坂口 博紀 10匹 3,095
3位    平岡 百合子 9匹 2,420
4位    永野 宗一郎
(新会員)
10匹 2,350

 

親睦釣り大会

各部門1位のみ表彰 会員名 魚種 長寸・重量
他魚(イサキ、アイゴ、ブダイ)長寸 児玉 卓郎
(大阪支部)
イサキ 36.5cm
他魚(マダイ、青物)長寸 熊谷 巌 シマアジ 34.1cm
グレ長寸 藤田 博史 口太グレ 34.0cm
グレ3匹重量 北紺 浩之 口太グレ 1,470g

【大会フォトギャラリー】
児玉拓郎他魚(イサキ・アイゴ・ブダイ)の部1位
児玉拓郎他魚(イサキ・アイゴ・ブダイ)の部1位
熊谷巌他魚(真鯛・青物)1位
熊谷巌他魚(真鯛・青物)1位
藤田博史グレ長寸一位
藤田博史グレ長寸一位
北紺浩之グレ重量1位
北紺浩之グレ重量1位


カテゴリー: 全ての報告, 和歌山県支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 12 =