釣研FG南小倉支部 第24回WFG支部予選会

参加者で記念撮影
【支部】南小倉支部
【日時】2018年1月21日 日曜日
【場所】大分県佐伯市米水津
【参加】10名(スタッフ2名)
【レポート】事務局 芦浦 栄吾
 2018年度のWFG出場決定戦を米水津一帯の磯にて行いました。
当日は米水津の名礁 横島3番を使用する。
厳正なくじ引きを行い1番~6番までの選手が前半12時まで横島3番に上がり7番~10番までの選手が後半16時まで横島3番で腕を競います。
全員が公平になるように釣座・時間割をきっちり決め7時に競技開始。
前半6名は50分ハーフで釣座交代。
後半4名は60分で釣座交代し腕を競いました。

当日は急激な水温低下で本来の横島3番の勢いは無くやや喰い渋り状態でしたが、潮が効きだすと入れ食いになる場面もあり楽しめしました。

帰港後の検量では35cm前後の通称、横島サイズが多かったものの殆どの会員がMAX3匹のクロを検量に持ち込み大いに盛り上がった大会となった。

以下、大会結果

優勝 3.11㎏ 芦浦栄吾
2位 2.81㎏ 江尻健太郎
3位 2.58㎏ 吉原準一

結果、芦浦が優勝し第24回WFGの出場権を得たが本戦開催の6月は業務の都合上出場が厳しい為、辞退し2位の江尻会員がWFGに初出場する事となった。
【大会フォトギャラリー】
芦浦会員        江尻会員
優勝した芦浦 2位の江尻会員 WFG本線出場
吉原会員
3位に入賞の吉原会員


カテゴリー: 全ての報告, 南小倉支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + 2 =