釣研FG山口県支部 親睦釣り大会

2018支部大会集合写真
【支部】山口県支部
【日時】2018年3月11日(日)
【場所】長崎県 五島列島一帯の磯
【参加人数】22名
【レポート】山口県支部 事務局 斎藤 博史
 3月11日毎年恒例の釣研FG山口県支部大会を五島列島で開催しました。
今年は22名の会員がお世話になるあじか磯釣りセンターに0時に集結。週末の天気が危ぶまれ中止も視野に入れておりましたが、急激に天気の回復に向かう予報で無事に大会が開催出来ることとなり一安心。少し波は残っていたものの、上五島の白瀬灯台から、倉島へ向かうことになり、シーウイングが約1時間の航行し、スローダウンするとすぐに白瀬灯台へ到着しました。少しウネリが残っていたので、安全第一に慎重にメンバーをおろしていき、メンバー全員が無事、白瀬灯台と倉島周辺で竿を出すことになりました。
近況では好釣果の情報も入っており、期待が膨らむ中、夜釣りから13時納竿までグレ・チヌの1匹大物を狙って奮闘した。回収の船の中、「釣れた!」「厳しかった~」と声が上がっていたが、みんな釣果がある様子で、帰りの船中で釣り談義に花が咲きます。
帰港後、早速検量すると期待通りの好釣果で、皆さん結構いいサイズのグレを仕留めており、検量は大盛況。ほぼ、全員安打の近年稀にみる釣果となりました。
検量を全て終わりいよいよ結果発表。優勝は49.6cmのグレを仕留めた和田卓也さん。白瀬灯台東のハナレから瀬代わりで、沖黒瀬でのワンチャンスで仕留めた価値ある1尾となりました。2位は新規会員の山根昌宏さんで47.6cmのグレ。白瀬灯台で仕留めた良型。第3位は山本支部長で47.4cmのグレ。倉島のハカタ瀬でマヅメに仕留めた1尾。第4位は弘中聡副支部長でこれもまた46.3cmの良型でした。第5位は元メンバーで再入会をして頂いた網本太次郎さんで45.1cm。瀬替わりしたA級磯のマンジュウで数釣りの中、良型を釣り分けていらっしゃいました。最後にチヌの部優勝の該当は無く、久保啓司理事がグレ第6位の繰り上げ入賞を果たされました。その後、お楽しみ抽選会で大いに盛り上がり今期の支部大会の幕を閉じることとなりました。
大会運営にあたっては、事故も無く無事に開催することが出来たのは、ひとえに参加された皆様のお陰と感謝しております。
来年度も、釣研FGを盛り上げて行きたいと思いますので、何卒皆様のお力添えを宜しくお願い致します。


カテゴリー: 全ての報告, 山口県支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + fifteen =