2018年度 釣研FGチヌ釣り選手権大会結果

2018年度 第29回釣研FGチヌ釣り選手権大会結果
平成30年4月15日(日)
釣研FG(ファングループ)主催[寒竹準一会長]の「第29回釣研FGチヌ釣り選手権大会」がFG熊本支部のご協力のもと、熊本県上天草市周辺で開催された。受付・表彰会場の上天草市の「交流公園」には、早朝(4月15日)午前2時の受付時間から91名の参加者が続々と集結し受付を行った後、それぞれに選んだ釣り場に出発していった。熊本県には松島といった九州でも指折りの磯の有名釣り場を始め、無名の地磯や防波堤など、手軽にチヌを狙うことが出来る釣り場がある。
大会当日の天候は、受付前には強風と小雨が降っていたが、参加者が磯へ向かう頃には雨も上がり、回復。少し風の強いコンディションの中での開催となった。
検量開始時間である午後1時になると、釣りを終えた選手が続々と検量会場へ戻ってきた。今回の勝負は25cm以上の対象魚二匹の重量で行われた。
ポイントによっては、強い風が吹く中での釣りとなったが、流石は名手揃いの釣研FGの参加者達、その影響を感じさせないほどのチヌが検量に持ち込まれた。
そんな中、湯島・赤灯台の堤防から帰着した柿本翔一郎選手(長崎県南支部)が検量会場へ戻ってきた。すぐさま検量をしてみると、2匹3,990g50.8センチ のチヌは、その時点での首位となった。その後、検量が進む中、松島・2号橋横で竿を振った幸鉄也選手(東九州支部)が魚を検量へ持ち込んだ。検量をした結果は、2匹3,090g47.2センチ。あと一歩届かず、柿本氏を上回ることができず、惜しくも準優勝。
続いて、行徳博選手(北九州支部)が、魚を検量へ持ち込んだが、2匹2,710g45.9センチで第3位となった。集計の結果、柿本翔一郎が首位を明け渡すことなく、栄えある優勝に輝いた。
最後には、空くじなしのお楽しみ抽選会が開催され、盛況のうちに、熊本県上天草で開催された「釣研FGチヌ釣り選手権大会」は幕を閉じたのであった。
今大会の運営にご協力をいただきましたFG熊本支部の皆様、本当にありがとうございました。

大会結果

個人賞  (2匹重量)
順  位 氏   名 所属支部 重量(g) 長寸(センチ) 釣り場  
優勝 柿本翔一郎 長崎県南 3,990 50.8 湯島 赤灯台の堤防 征黒 00
準優勝 幸鉄也 東九州 3,090 47.2 松島
2号橋横
剛黒 5B
3位 行徳博 北九州 2,710 45.9 湯島 赤灯台の堤防 大征黒 00
4位 金澤新一 長崎県北 2,640 46.1 R-G 5B
5位 近藤昌史 長崎県北 2,610 45.7 フリクションD 00
6位 利光健一 東九州 2,560 47.0 大征黒
7位 増田実 熊本 2,540 50.3 大征黒 B
8位 平嶋寿昭 北九州 2,540 44.1 大征黒
9位 小島裕 広島 2,480 47.2 剛黒 B
10位 吉竹貴広 北九州 2,450 44.2 瞬黒 5B
11位 辻嶋貴文 東九州 2,390 45.5 プログレスチヌ
12位 竹尾博文 玄海 2,380 41.3 エイジアLC 0
13位 行徳秀美 北九州 2,350 42.8 エイジアMP 06
14位 有田達也 東九州 2,270 43.5 大征黒 5B
15位 平松義洋 東九州 2,090 41.1 エイジアLC

 

上位入賞者仕掛け図
第29回釣研FGチヌ釣り選手権大会上位3名仕掛図

【大会フォトギャラリー】
大会集合写真
集合写真
表彰の模様
表彰
優勝 柿本選手表彰
優勝者
準優勝 幸選手
準優勝
第3位 行徳選手
第3位


カテゴリー: チヌ釣り選手権大会, 全ての報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 1 =