釣研FG熊本支部 第2回WFGチヌ熊本支部代表決定戦

DSC_0530
【支部】 熊本支部
【日時】 2018年10月21日(日)
【場所】 上天草市 松島一帯
【参加者】 16名
【レポート】 熊本支部 事務局 宮村 信次
 10月21日(日)に第2回WFGチヌ熊本支部代表決定戦を上天草市松島一帯で開催しました。前情報では手の平サイズから足の裏サイズのメイタが多く、たまに30㌢オーバーが釣れていると言う厳しい状況下での予選会となり、前情報を考慮し23㌢以上のチヌ3匹までの重量にて順位を決め、熊本支部の代表を決める事としました。
朝6時に港を出航し、各選手2名から釣座によっては1名での渡礁と言う事になり各選手7時の競技スタート時間まで、釣談議でわいわい盛り上がり、7時から釣りをスタート!釣りを始めて直ぐはエサ盗りの影響も少なくこのタイミングで何とかチヌをキープしたいと思い集中しながら仕掛けを流しているとコツコツと言うアタリが出て、前情報通り足裏サイズのメイタがヒット、その後エサ盗りの猛攻に会いながらも何とか30㌢オーバーを何とか釣り上げ何とかチヌ3匹そろえて今回の大会を終える事となりました。
検量の結果、
1位 中山 義弘さん、 チヌ3匹 2.900g 
2位 増田 実さん   チヌ3匹 2.850g
3位 河野 公一朗さん チヌ3匹 2.400g
4位 宮村 信次さん  チヌ3匹 1.550g
5位 仲敷 昌則さん  チヌ3匹 1.410g
と言う前情報とは裏腹に40㌢オーバーのチヌも持ち込まれると言う結果に船長も驚いていました。
今回の予選会の結果、熊本支部の中山義弘さんが熊本支部代表の座を勝ち取られ今回の予選会を無事に終える事となりました。
【大会フォトギャラリー】
DSC_0500 DSC_0503 DSC_0509


カテゴリー: 全ての報告, 熊本支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + fifteen =