釣研FG和歌山県支部 WFG代表選考会及び磯釣り講習会

DSC_0522
【支部】和歌山県支部
【日時】2018年12月16日(日)
【場所】和歌山県串本町・出雲の磯
【参加者】13名
【レポート】和歌山県支部 事務局 嶋津 栄規
(天候)曇り
(対象魚)グレ(尾長、口太、ウシグレ)イサギ、イガミ、アイゴ、マダイ、青物
(利用渡船)小川渡船
 
平成30年12月16日(日)に来年度WFGに出場する和歌山県支部代表選考会及び磯釣り講習会を出雲エリアにて開催しました。
 WFG選考会には予選会を勝ち上がった7名に昨年度優勝、準優勝の2名を加えた9名で競う事となりました。トーナメント方式にて対戦し規定寸法無しのグレ(尾長、口太、ウシグレ)10匹までの総重量にて審査となります。本来であればグレの活性が高く釣り合いになるところではありますが当日はエリア全体でグレの喰いが思わしくなく選手の方々も苦戦を強いられる状況となりました。そんな中、決勝に駒を進めた鈴木選手、土谷選手、豕瀬選手の3名による決勝がスタート。開始から3名とも反応なくしばらくは沈黙。そんな状況の中、短い地合いを逃さず鈴木選手が30㎝クラスのグレを取り込みます。
他の2名も負けじと反撃開始。土谷選手は小型ながら2匹釣り上げ逆転を狙います。
豕瀬選手もノンキーパーながらわずかなアタリも逃すまいと集中した釣りを展開。
それぞれの思惑とは裏腹に状況は益々厳しくなりこのまま試合終了。検量の結果ひと回り大きいグレを釣り上げた鈴木選手がわずかの差で勝利し昨年に引き続き同大会2連覇。みごと来年度WFG決勝大会への切符を手にしました。また、同時開催とした磯釣り講習会では新製品のウキを中心に会員の皆様に紹介し実釣ではグレ1匹長寸の部で新会員の北紺雅之さんが1位となりました。
帰港後の表彰式では今回お世話になった出雲の小川渡船様より協賛品として伊勢海老やアオリイカと言った豪華で美味しいお土産もいただき参加者の皆様は大満足。小川渡船様誠に有難うございました。
釣果はイマイチとなりましたが参加者の皆様で和気藹々とした雰囲気の中、無事大会を終えることが出来ました。皆様お疲れ様でした。
次回和歌山県支部大会は来年の1月27日に三重支部様と合同大会を予定しておりますので奮ってご参加の程よろしくお願いします。

※大会結果 

WFG選考会
1位  鈴木 徹也    1匹  585g
2位  土谷 賢太郎   2匹  555g
3位  豕瀬       0匹  

磯釣り講習会
グレ長寸の部
1位  北紺 雅之   33.5㎝
他魚の部
1位 嶋津栄規 ブダイ 36.5㎝
【大会フォトギャラリー】
DSC_0526 DSC_0528 DSC_0531 DSC_0538 DSC_0542 DSC_0544


カテゴリー: 全ての報告, 和歌山県支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =