釣研FG福岡支部 懇親チヌ釣り大会

image13
【支部】福岡支部
【日時】2019年4月7日(日)
【場所】長崎県松浦市福島一帯
【参加人数】28名
【レポート】福岡支部 副支部長 矢野昌俊
 平成31年4月7日(日)釣研FG福岡支部懇親チヌ釣り大会が、西九州の指折りのチヌの宝庫である「長崎県・福島一帯」で開催された。
 この大会には、27名の福岡支部会員。そして、今回は、オブザーバー1名の参加者を加えた合計28名の熱き釣研ファンが夜明け前の福島・秀吉丸待合所に集結した。
 参加者は、協力渡船である秀吉丸の3便の船に別れて、福島一帯の磯に上礁した。事前の釣果情報によると、チヌは釣れてる情報にそれに加えて、餌取りになる、30cmぐらいの鯖が釣れてる。当日は、快晴で凪の最高の釣り大会となった。
こうした状況であったが、検量会場には、14名の会員がチヌを持ち込まれた。競技規定は規定サイズ30cm以上のチヌ・キビレ、2尾長寸でおこなわれた。優勝は結城和昌会員(2尾 78.3cm 2000g)。準優勝には、畠山仁志会員(2尾 78.0cm 1970g)。3位には、林田昌道会員(2尾 77.5cm 2030g)。4位には、矢野昌俊会員(2尾 73.5cm 1640g)。5位には、松本卓也会員(2尾 73.5cm 1560g)。
 各便の中から上位11名が次回のWFGチヌ福岡支部代表トーナメントの枠に進出。
その後の閉会式も終始、恒例のお楽しみ抽選会やジャンケン大会、和やか雰囲気で今年も大いに盛り上がった内容であった。
【大会フォトギャラリー】
image1
image2 image3 image4 image5 image6 image7 image10 image12 image16


カテゴリー: 全ての報告, 福岡支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 6 =