第31回釣研FGクロ釣り選手権大会結果

FG第31回クロ釣り選手権集合写真
令和2年1月19日(日)
釣研FG主催[寒竹準一会長]の「第31回釣研FGクロ釣り選手権大会」がFG東九州支部、大分県支部、延岡支部のご協力のもと、大分県南周辺で開催された。受付・表彰会場の佐伯市の「池船スポーツ公園」には、前夜(1月18日)午後10時の受付時間から145名の参加者が続々と集結。受付を行った後、それぞれに選んだ釣り場に出発していった。大分県には蒲江、鶴見、米水津といった九州でも指折りの沖磯の有名釣り場を始め、無名の地磯や防波堤など、手軽にクロを狙うことが出来る釣り場がある。
大会当日の天候は、受付前には回復。少しうねりのあるコンディションの中での開催となった。
検量開始時間である午後1時になると、釣りを終えた選手が続々と検量会場へ戻ってきた。今回の勝負は30cm以上の2匹の重量で行われた。
一部の参加者は、うねりがある中での釣りとなり、その影響か、釣果が厳しかったとのこと。
そんな中、鶴見女郎奥から帰着した山本直紀一選手(山口県支部)が検量会場へ戻ってきた。すぐさま検量をしてみると、2匹 3,310g(長寸は45.9cm)のクロは、その時点での首位となった。その後、検量が進む中、鶴見地下モブシで竿を振った橋本敏昭選手(延岡支部)が魚を検量へ持ち込んだ。検量をした結果は、2匹 3,230g(長寸は49.4cm)。あと一歩届かず、山本氏を上回ることができずに惜しくも準優勝となり、
続いて、地元大分県支部の中川勝博選手が、魚を検量へ持ち込んだが、2匹 3,200g(長寸は50.0cm)で第3位となった。集計の最終結果は、山本選手が並み居る猛者たちをおさえ首位を明け渡すことなく、栄えある優勝に輝いた。
最後には、空くじなしのお楽しみ抽選会が開催され、盛況のうちに、大分県佐伯で開催された「釣研FGクロ釣り選手権大会」は幕を閉じたのであった。
今大会の運営にご協力をいただきましたFG東九州支部、大分県支部、延岡支部の皆様、本当にありがとうございました。

第31回釣研FGクロ釣り選手権大会結果

順位 氏   名 所属支部 重量(g) 長寸(㎝) 釣り場  
優勝 山本 直紀 山口県 3,310 45.9 鶴見女郎奥 T-ACE B
準優勝 橋本 敏昭 延岡 3,230 49.4 鶴見地下モブシ 全遊動EX B
3位 中川 勝博 大分県 3,200 50.0 米水津ネコバエ エイジアMP 01
4位 上野 大治 大分県 3,150 48.4 鶴見地下モブシ エキスパートUE0C
5位 寺田 泰隆 延岡 2,950 47.8 鶴見クロバエ エイジアMP 0
6位 和田 孝志 山口県 2,940 46.6 鶴見女郎奥 夜グロSP
7位 弘中 聡 山口県 2,870 46.0 鶴見湾内 LFスマートカン付
8位 山角 勇樹 山口県 2,800 46.0 鶴見 夜グロSP 3B
9位 鳥越 善太郎 大分県 2,600 45.3 鶴見赤岩 エイジアMP01
10位 行徳 秀美 北九州 2,600 41.2 ニシノウラ ゼクトα01

 

釣研FGクロ釣り選手権上位入賞者仕掛け
200119_第31回釣研FGクロ釣り選手権仕掛

【クロ釣り選手権大会フォトギャラリー】
上位入賞者
上位入賞者(表彰台1)
優勝 山本直樹選手
優勝者_優勝旗
受付風景
受付1 受付2 受付3 受付4 受付5
検量風景
検量_釣果 検量_釣果2 検量_釣果3 検量_釣果4 検量_釣果5 検量_釣果6 検量_釣果7 検量_釣果8 検量_釣果9 検量_釣果10 検量_釣果11 検量_釣果12 検量_釣果13 検量_釣果14 検量_釣果15
表彰前新製品説明 & ジャンケン抽選
青年部_新
表彰式
司会 安藤統括本部超
司会_安藤
釣研FG 寒竹会長あいさつ
寒竹会長あいさう
釣研 奥村社長あいさつ
奥村社長あいさつ
表彰
優勝 山本直樹会員(山口県支部)
優勝者_賞状 優勝者_全九州ライター協会盾 優勝者_盾 優勝_賞品
準優勝 橋本敏昭会員(延岡支部)
準優勝_盾 準優勝_賞品
第3位 中川勝博会員(大分県支部)
3位表彰_盾 3位_賞品
第4位~の表彰風景
4位_賞品 5位_賞品 6位_賞品 7位_賞品 8位_賞品 9位_賞品 10位_賞品
優勝者インタビュー 優勝者 山本直樹会員 聞き手 橋本副会長
優勝者インタビュー
抽選会の模様
j抽選会1 抽選会2
大会終了時の手締めをされる釣研FG 山本副会長
山本副会長締め
賞品、協賛賞品
協賛一覧 協賛賞品 協賛_抽選賞品


カテゴリー: クロ釣り選手権大会, 全ての報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 10 =