釣研FG熊本支部 WFG代表決定戦

20200202_163648
【支部】熊本支部
【日時】2020年2月2日(日)
【場所】牛深沖磯
【参加人数】12名
【レポート】熊本支部事業部 中山 義弘
 2020年5月23日(土)~24日(日)に開催が予定されている釣研FG主催のWFG本戦に参加する支部代表2名を選出するため、2回の支部予選で勝ち残った12名の選手が集まり、熊本支部の代表決定戦を牛深の沖磯で開催した。 
冬の季節風に弱い牛深の磯であったが、当日は波風ともにかなり落ち着き、無事開催することができた。今年の牛深はまだ水温が高く、クロの釣果はムラが激しい様子であった。1・2開戦ではクロが釣れず、早掛けやジャンケン勝負になった磯もあったが、3人で行う決勝戦ではクロがよく釣れて見応えのある決勝戦となった。
特に、決勝戦の会場となったマネキ瀬に精通している大津祥吾選手は圧巻の釣果で、2時間で16kg超えという驚異的な結果をたたき出した。
 優勝した大津祥吾選手、準優勝の北村和也選手が、熊本支部62名の代表となった。
 本戦での健闘を期待したい。
結果
優勝  大津 祥吾(16.27kg)
準優勝 北村 和也(4.20kg)
第3位 田尻 好洋(2.48kg)

【大会フォトギャラリー】
20200202_233844 20200202_155258 20200202_162401 20200202_164104


カテゴリー: 全ての報告, 熊本支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =