釣研FG熊本支部 釣り場のクリーン活動

熊本支部1
【支部】熊本支部
【日時】2020年8月23日(日)
【場所】上天草市樋合新港・松島の磯
【参加人数】会員20名とオブザーバー2名の計22名
【レポート】熊本支部 事業部 中山義弘
 釣研FG熊本支部(山口まち子支部長他会員61名)では、毎年恒例となった釣り場のクリーン活動を実施した。朝の6時に上天草市の樋合新港に集合し、1時間ほど波止一帯のゴミ拾いを行った。樋合新港は、熊本の波止釣りのメッカとも言える人気の釣り場だけに投棄されたゴミも大量であった。
その後、渡船海の都(嶋崎公紀船長)様の御協力により松島一帯の磯へ渡り、釣り場に流れ着いているゴミの回収を行った。熊本豪雨の後でもあり、大量の漂着ゴミがあった。
波止と磯を合わせて、プラスチックやポリ等の可燃ゴミにペットボトル、空き缶等約40袋を集めることができた。
【クリーンアップフォトギャラリー】
20200823_062048_copy_1612x1209 20200823_075326_copy_1612x1209 20200823_075831_copy_1612x1209 20200823_081350_copy_1612x1209


カテゴリー: 全ての報告, 熊本支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =