ニューハーフのシステムが最高!!

1496067655987

【名前】古市 雅大
【釣行日】2017年5月27日
【都道府県】香川県
【釣り場】高松沖
【魚種】真鯛
【使用したウキ】ニューハーフ45グラム 赤
【天気】晴れ
【レポート】
安定してきた高松沖!
鯛狙いです。

やはり、このニューハーフのシステムが最高!!
まだまだ現役です。

 


ボトム着底からのジャーク一発目でヒット!!

img_6819 temporary

【名前】弘中 優太
【釣行日】2017年5月27日
【都道府県】神奈川県
【釣り場】福浦岸壁
【魚種】その他
【使用したウキ】ガンガンジグ230g/アカキン
【天気】晴れ
【ブログ】http://ameblo.jp/himanahito-himajin3/entry-12278366238.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=e64b683bd4bd4c8495abe86e58b9cc21
【レポート】
まだ薄暗い時間帯の朝まずめにエントリー。
ガンガンジグ2の30gをフルキャスト後フリーフォール。
ボトム着底からのジャーク一発目でヒット!!

小型ながら周りが苦戦している中での一本だったので非常に満足でした。


青森県陸奥湾でライトロックゲーム

dsc_0227 dsc_0229 dsc_0230

 

【名前】阿部慶行
【釣行日】2017年5月27日
【都道府県】青森県
【釣り場】陸奥湾
【魚種】メバル, ロックフィッシュ
【使用したウキ】クレイジグレンジキープ1.5g
【天気】雨
【レポート】
この日は青森県陸奥湾にてライトロックゲーム。

メバルが釣れてるとのことで片道5時間もの道のりを走り現地へ向かう。

雨が降ってくるなか海中はメバルの群れが泳ぐのが見える。

クレイジグレンジキープで着底させたらあとはレンジを刻みながらデッドスロー。

好奇心旺盛なメバルが果敢にアタックしてくる。

反応が薄れてくるときにレンジをシビアにトレース出来るのがクレイジグレンジキープの特徴。

これでメバルに口を使わせることが容易に出来るため、タナが変わりやすい時には重宝するジグヘッドである。


水深20~30mのフィールドで、ライトジギングロッドで根魚、フラット、小型青物狙い。

1

23

【名前】小野博司
【釣行日】2017年5月21日
【都道府県】福岡県
【釣り場】玄界灘糸島沖
【魚種】ロックフィッシュ, その他
【使用したウキ】ガンガンジグⅡ60g UV シルバー
【天気】晴れ 凪
【レポート】
【タックル】 ロッドAbuGarcia OCEANFIELD LightJigging OFLJC-62/120
Ocea CALCUTTA 301HG ラインPE1.5号、リーダー20Lb

今回の釣行は、新しく発売されたガンガンジグSLを使い倒すつもりでマイボートでの出航したが、風も無く、凪で潮とボートが同調して流れるので、ガンガンジグⅡの60gで十分底が取れSLの出番が少なかったが、使用感としては、シャクりやすく、いい意味でガンガンジグでした。
次の釣行で更に使い込んでみたいと思います。
今回は水深20~30mの近海の自然礁がフィールドで、ライトジギングロッドで根魚、フラット、小型青物狙い。
40gのジグを使うと、小型のアラカブ、アコウがヒットしてくるので60gに変更。
丁寧にあまりジグを跳ねさせないようローレスポンス的なシャクりでアコウがヒット。その後、ヤズをフォール中に1本、着底から数回シャクった所で2本。
ヤズですがライトタックルでのやり取りは楽しい。
今日は天気が良かったのと浅い場所だからか、UVシルバーが当たりカラーのようでした。
真夏を思わせるような天気で気温も高いですから、熱中症にならないように気を付けて、安全に釣りを楽しみましょう。

 

 

 

 


ブレイクをなぞるようにスイミングで探ってキャッチ

DSC_0137

DSC_0133

【名前】鈴木 貴博
【釣行日】2017年5月20日
【都道府県】宮城県
【釣り場】石巻市大曲サーフ
【魚種】その他
【使用したウキ】ボトムアッパー21g
【天気】曇り
【ブログ】http://teamnobites.naturum.ne.jp/e2921636.html
【レポート】
この日は用事があったため朝の短時間釣行。
到着して先行者が多数で皆さん遠投で狙って手前は回収してる感じだがバイトはない様子。
自分は手前のブレイク中心に
ボトムアッパー21gでボトムを丁寧に探るが反応がなくブレイクをなぞるようにスイミングで探ると
ゴンッ?
一本で帰ろうと思ってたのがジャスト60。
リフト&フォール、ずる引き、スイミングと
その日のパターンにアジャストさせやすく
使いやすいジグヘッドです(^_^)


クレイジグレンジキープをワインドでダート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【名前】山本 智一
【分類】[category]
【釣行日】2017年5月19日
【都道府県】香川県
【釣り場】東讃エリア漁港
【魚種】メバル
【使用したウキ】クレイジグレンジキープ3.5g
【天気】晴れ
【ブログ】http://shin.naturum.ne.jp/e2920216.html
【レポート】
この日はリトリーブに反応が無かったので、常夜灯が効いた漁港内の岸壁をワインドでダートさせて狙ったところ、ガツンとアタックしてきました。
リトリーブで狙うよりもバイトの出方が明確で、フッキングの衝撃が病みつきになりそうです。

クレイジグレンジキープは、一定層のリトリーブだけでなく、ワインドにも使えるのでお気に入りです。

ヒットルアーのドリームダート8 2インチ(ハイボール)との相性も抜群で、綺麗にダートしてくれました。


攻めたいレンジをキープしフラットフィッシュを狙う

 

rimg0707 rimg0708 rimg0709

【名前】ASUKA.I
【釣行日】2017年5月22日
【都道府県】宮城県
【釣り場】仙台湾
【魚種】その他
【使用したウキ】クレイジグレンジキープVR10g
【天気】晴天
【ブログ】https://blogs.yahoo.co.jp/sea_dragon_uf25/20657950.html
【レポート】
【OceanRuler FieldStaff】
船長のField Report

宮城県内でマゴチが釣れ始めました!

と、言う事で本日はフラットフィッシュ狙いで出船。

使用したジグヘッドは…好評発売中の
クレイジグレンジキープVR

今回は10gをチョイスしました。

このジグヘッドはタダ巻しても浮き上がらずに

攻めたいレンジをキープしてくれる優れもの!


1~2mの超藻場で狙うモンスター

12

【名前】ASKA.I
【釣行日】2017年5月21日
【都道府県】宮城県
【釣り場】仙台湾
【魚種】ロックフィッシュ
【使用したルアー】インターシンカー18g
【天気】晴天
【ブログ】https://blogs.yahoo.co.jp/sea_dragon_uf25/20656518.html
【レポート】
今回は、テキサスリグでOceanRuler インターシンカー18gを使用し
藻場でロックフィッシュ釣行を行いました。

水深は1~2m!

この時期の、この深さの藻場に…モンスターが潜んでいるのです(笑)

しかし…この深さで18g!?と、思う方も多いと思いますが…

この時期の仙台湾の藻場は…すごい状態です。

その藻場を少し重めのシンカーを使用し、モンスターにコンタクトを!

答えは…即答でした!!

超・密集した藻の中に確実にワームを入れ…

藻の中の薄暗い状態の中でターゲットにプレッシャーを与えない、
ブラックニッケルメッキ使用。

ミスバイトはありませんでした!!


ガンガンジグⅡとガンガンジグSJの使い分けでワラサをGET!!

20170520_092502 dsc_0146 dsc_0150

【名前】阿部慶行
【釣行日】2017年5月18日
【都道府県】山形県
【釣り場】庄内
【魚種】その他
【使用したルアー】ガンガンジグⅡ、ガンガンジグSJ40g
【天気】晴れ
【ブログ】http://www.fimosw.com/u/rockfishbaka/h6fnkw53zej6k2
【レポート】
田植えシーズン真っ盛りな東北地方。
そんななか今回は山形県日本海にてショアジギングを堪能してきました。

この日は前回のような鳥山や流れがなく海は比較的静か。
この日の群れは単発だが魚の回遊はしている様子です。

まずはガンガンジグⅡのワンピッチジャークでリズミカルに踊らせるとそれにテンションが上がったワラサがバイト!

しばらくして渋い時間帯ではガンガンジグSJのショアスローで低活性の魚にアピールするとガツン!
ガッツリバイトしてきたのは70cmオーバーのワラサ!

ガンガンジグの威力はもはや折り紙つきですよ!(笑)

ガンガンジグⅡとガンガンジグSJの使い分けで釣りの幅が広がりますね!


時期早だが釣れればデカい太刀魚ジギング!!

or01

【名前】小野 博司
【釣行日】2017年5月7日
【都道府県】福岡県
【釣り場】博多湾沖
【魚種】その他
【使用したルアー】ガンガンジグⅡUVパープルゼブラ40g
【天気】晴れ

GWは3日間、タチウオジギングに行って来ました。

このフィールドは水深20mほどで狭いエリアにタチウオが集まっており、毎年プレジャーボートや遊漁船が集まる有名ポイントです。

今回使用タックルはロッドAbuGarcia OCEANFIELD LightJigging OFLJC-62/120にOcea CALCUTTA 201HGをセット。
ラインPE1号、リーダー20Lb、ソフトワイヤー48/12を準備。

いつもより早い時期なので数は釣れないが釣れればデカい。この日も指4本から5本が3本釣れました。

毎年安定して釣果を上げてるガンガンジグⅡの40gから60gを中心に使うが、風が強い時や潮が効いているときはこの春発売のガンガンジグSLの80g~100gが有効だと思う。

ボトムが泥質なので根かかりは無いが、フォール中に追ってくるので、着底から巻き上げは素早く丁寧にするのが大切になる。

ヒット後はボトム方向に走ったあと、反転して上昇してくるので、ラインテンションが緩まないように注意が必要で、よくバラしたと勘違いして、リトリーブを止めてしまい、バラしてしまう人がいます。

ジグカラーは日により違うようだが、この日はUVパープルゼブラ、ピンクコットンキャンディーがヒットカラーとなった。

初心者にも釣りやすく、食べておいしい太刀魚ジギング。
今年の夏は挑戦してみてはいかがでしょう。

タチウオの歯はとても鋭く当たっただけでも深く切れるので、フィッシュグリップとプライヤーを準備して、怪我の無いように楽しんでください。

or03 or2


TOP