釣研FG徳島支部 矢が浜グレ釣大会

平成25年1月20日(日)愛媛県宇和島市矢が浜にて、釣研FG徳島支部グレ釣大会を行いました。当日の競技規定は、グレ7匹の総重量で成績を決定。
WFG出場を賭けた最終大会です。参加者は29名、各自クジ引きで番号の若い順に磯上がりして行きます。
最近の矢が浜は、水温13度台で安定。大型グレも各磯で上がっており、選手の皆さんもヤル気満々です。当日の水温も14度に上がっており、ワクワクで釣り開始。私も本床のカベに石川さんと上がり、30~40cmまでのグレの引きを楽しみました。2時に納竿し、港へ帰り計量。皆さん大型グレをたくさん釣っていました。特にカバ周辺へ上がった選手達のクーラーは、40~50cm級のグレが、ゴロゴロ入っておりカバの3番で釣った渡邊氏は、45~50cm7匹で重量10.945gで見事優勝。準優勝は、早見氏がカバの地で9780g、3位はご存知森井陽インストラクターが赤バエで9455gでした。
この寒の時期に29人参加者全員がグレを釣り、大型もバンバン釣れる矢が浜の磯、トーナメントゼクトのポテンシャルが見事発揮し、大いに盛り上がった大会となりました。気になるWFGの出場権ですが、私(阿部)と渡邊氏が何と同点首位、2人でどこかで決勝戦をしたいと思います。

優勝  渡邊弘将 10、945g
準優勝 早見和之助 9,780g
3位  森井 陽  9、455g 


カテゴリー: 全ての報告, 徳島支部 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + thirteen =