釣研FG富士山支部 2016年度第2回懇親会

201603田子集合
【支部】富士山支部
【日時】2016年3月20日(日)
【場所】静岡県西伊豆町田子 叶屋磯釣案内所様
【参加人数】13名
【天候】曇り、北東風4m、うねり
【レポート】富士山支部 木村雅和
【規定】
(1) 同礁者に危険が生じた場合、その救助を最優先とする。
(2) 規定寸法に満たない魚は、その場でリリースすること。
(3) 沖上がりは14:00とする。
(4) 25cm以上、3匹の総重量で検量する。
(5) 同重量の場合は匹数が多い選手とし、それでも同率の際は最大魚の長寸で決する。

【レポート】
   2016年度第2回懇親会を、西伊豆町田子の叶屋磯釣案内所様で開催致しました。
   ここ田子は伊豆半島でも50cmを超える大型グレが上がる有数の場所であり、
また近況がすこぶる良いとの情報から、メンバーは勇んで港に向かいました。
集合場所の湾内からは外洋の状況が分かりませんでしたが、いざ出港!
しかし…沖に出ると、伊豆半島屈指の名礁でもあるカツオ島が波で洗われています。。
雄島・雌島・三本、どの磯も大白波。
安全最優先のため、不本意ながら沖堤防に全員降ろされました。どんよりです…
案の定、無常に時間だけが過ぎていきましたが、ここは富士山支部の大ベテラン鈴木さ
んが自己最高となる53cm・2、3kgの黒鯛を仕留められました!
日が高くなり、うねりが治まって来た11時に沖磯へ移動できる事になりました。
前半戦の沈黙を取り返すべく、あちこちで竿が曲がっていました。
静岡の名手、吉田さんも次々に本命を取り込んでおり、規定数が揃った時点で
イマイチ釣果がパッとしない場所で竿出ししていた若林さんに場所交代を提案。
「これぞ懇親会」といった素晴らしい光景が見られました。
隣りの磯では、前支部長鈴木さん、現役員森下さんの竿が曲がりっ放しでした。
後半2時間少々の短い時間でしたが、沖磯の醍醐味を堪能できた釣行となりました。
最後に、安全な磯渡しを行って下さいました叶屋磯釣案内所様に感謝申し上げます。

大会結果は、下記の通りです。

大会検量結果
順位 氏   名 重量(g) 匹数
優勝 鈴木政広 3,710 3
準優勝 森下昭道 3,145 3
3位 鈴木なぎさ 2,575 3

上位三名
201603田子上位

KC4I00110001

KC4I00110001

201603田子堤防 201603田子雄島


カテゴリー: 全ての報告, 富士山支部 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =