釣研FG京築支部 第23回WFG京築支部代表予選会

IMG_3117 (2)
【支部】京築支部
【日時】2016年12月3日(土)
【場所】大分県・佐伯市鶴見湾内
【参加人数】10名(スタッフ1名)
【レポート】京築支部 塩次鉄也
  第23回WFG京築支部代表予選会を12月3日
大分県・佐伯市鶴見湾内で行われました。
最終エントリー者は、片山勝夫、横田宏徳、塩次鉄也、丹生 徹、丹生智裕、吉元広大、星野武大、上田裕一、福島正則以上9名でWFGルールにて常富正美さんに審判員をお願いしてトーナメントで開催されました。
当日は、曇り時々雨が降るあいにくの空模様となったが、心配された風とうねりも無く、鶴見の湾内の白崎1、2,4番、トギレの磯で行われました。
 私も一回戦を白崎1番で戦い、4尾釣り上げ勝ち上がる
ことができましたが、2回戦は、白崎4番で行われアタリがあり、やりとり中に針外れが3回もあり、0尾で敗退しました。いずれも良型の手応えだったので惜しく、相手に負けたのではなく、自分に負けてしまいました。
 決勝に勝ち上がったのは、丹生 徹、丹生智裕、横田宏徳の3選手でトギレにて行われました。
 潮の流れもなく、悪条件の中で行われましたが、一時期潮が流れた瞬間に3尾釣り上げた。
 丹生 徹選手が見事に京築支部代表を勝ち取ることが、できました。
丹生さんは、WFG世界大会は初出場でありますが、京築支部代表として頑張って頂きたい。
 普段は、仲の良いメンバーですが、試合になると皆真剣な顔付きとなり、どの対戦もクロを釣り上げての勝ち上りとなる。熱戦を繰り広げることができました。
IMG_3117 (3) IMG_2851


カテゴリー: 京築支部, 全ての報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − eight =