釣研FG大阪支部 堤防チヌふかせ研修会

ファイル 2017-06-16 13 13 35
【支部】大阪支部
【日時】2017年6月13日(火)
【場所】大阪湾 北港 (たまや渡船)
【参加人数】17名 
【レポート】大阪支部 西村 陽子
6月13日、大阪北港たまや渡船において『イチバンエイト女性スタッフ向け堤防チヌふかせ研修会』が行われました。 講師役として私、釣研FG大阪支部 西村陽子。補助講師として同じく中野勝氏が担当させていただきました。当日は、梅雨だというのに初夏を思わせるような青空が広がり絶好のコンディション。参加者は午前7時30分に集合。8時から研修会スタート。係留してある船内で資料をもとに座学をみっちり1時間行いました。そして座学終了後、関電波止に渡堤。まずはコマセ作り方から。集魚剤はマルキユー『ナンバー湾チヌ』1袋、『さっとオキアミ』1袋、『激荒』1袋、仕掛けは各自で用意してもらった『釣研チヌ釣り棒ウキセット』を使用しました。
初心者でもこれさえあれば簡単に仕掛けが作れることを説明し参加者に実際にやっていただきました。コマセと竿の準備が出来上がり11時から実釣開始。
すでにチヌの時合いは終わっていて本命は難しい状況でしたが、エサ取りのベラやガシラ、グレなどが時々ウキを消し込んでくれます。
チヌでなくても自分で作ったコマセと仕掛けで魚が釣れるとどの参加者も満面の笑み。
そんな彼女たちを見ていると釣りの楽しさを十分に感じているようでした。
途中、たまや渡船さんに波止でBBQをしていただき、全員で美味しい焼き肉をごちそうになりました。『食べる』となると途端に元気になるところは女性ならでは。
会話も弾み楽しいお昼休憩となりました。お腹いっぱいになったところで午後2時から釣りを再開。参加者の大半がフカセ初心者でしたが全員、最後まで根気よく熱心に竿を握り午後4時に納竿。
今回は魚を釣るより道具の説明や仕掛け作りがメインとなりましたが、ケガもなく終始楽しい雰囲気の研修会となりました。最後にお世話になったたまや渡船さん、たまやスタッフの皆様、マルキユー藤田さんありがとうございました。そして参加者の皆様、お疲れ様でした。
【フォトギャラリー】
ファイル 2017-06-16 13 11 26 ファイル 2017-06-16 13 12 00 ファイル 2017-06-16 13 12 30 ファイル 2017-06-16 13 16 17ファイル 2017-06-16 13 17 37 ファイル 2017-06-16 13 18 08


カテゴリー: 全ての報告, 大阪支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =