2017年度 釣研FG和歌山県支部 WFG代表決定戦及び磯釣り講習会

2017
【支部】和歌山県支部
【日時】2017年12月17日 日曜日
【場所】和歌山県串本町・出雲エリア
【天候】晴れ
【海水温】18度
【対象魚】グレ(口太、尾長、ウシグレ)、イサキ、アイゴ、ブダイ、マダイ、青物
【渡船利用】小川渡船
【参加】18名
【レポート】和歌山県支部 副支部長 嶋津栄規
12月に入りいよいよ寒グレシーズンがスタートとなりました。和歌山県下の各エリアでは例年この時期になると中型グレの数釣りがメインとなり好状況下では良型も混じると言った事から楽しみな時期となります。そんな中、釣研FG和歌山県支部大会を本州最南端の町である串本町・出雲エリアにて開催しました。今大会はWFG支部代表決定戦と磯釣り講習会を同時開催し当日の参加者は18名。WFG代表決定戦は昨年の同大会よりシード者と夏と秋に2回行った支部予選会から勝ち上がった者にてトーナメントを行いました。日頃培ったスキルを発揮し釣果を得ようと奮闘するのですが、あいにく当日はグレの喰いが極端に悪く釣果なしと言った成績も多く皆様大苦戦。そんな中、コンスタントに釣果を重ね決勝に勝ち上がったのは鈴木氏と新川氏。決勝戦は出雲エリアでは湾内磯となる「コレバイ」にて行われました。試合開始直後に新川氏にアタリがあるものの対象外のイズスミ。その後もアタリを捉えるのですが外道のオンパレード。一方、鈴木氏も外道のみと言った状況であっという間に前半終了。場所交代5分のインターバルの後に後半戦がスタートし開始早々に鈴木氏にやっと本命のグレがヒットし一歩リード。小さいながらも貴重な1匹にギャラリーからも拍手となる。これで追い上げる形となった新川氏にもアタリがありポツポツと魚はヒットするのですがなぜか外道ばかりでグレは無く結局そのまま試合終了となり鈴木氏が来年開催されるWFGへの和歌山県支部代表者となりました。また、同時開催の磯釣り講習会では実釣となる釣り大会でグレ長寸の部、重量の部、他魚長寸の部に賞を設けそれぞれ表彰の後に新製品となるゼクトα、フリクションネオ磯、ウルトラフレキシブル磯の説明会を開催し充実した大会となりました。福引抽選会には小川渡船様より豪華な御協賛を頂きまして誠に有難うございました。次回の支部大会は来年の1月28日に予定していますので会員の皆様ご参加願います。

本大会結果は以下の通りです。

WFG支部代表決定戦・決勝戦結果

順位    会員名
使用ウキ
匹数 合計重量(g)
優勝   鈴木 徹也  ゼクトM0、0α 1匹 255
準優勝   新川 宏和   ゼクトS 00 0匹  0

 

磯釣り講習会釣り大会

各部門1位のみ
表彰
会員名
使用ウキ
魚種  長寸・重量
他魚長寸 古川 貞幸 ゼクトα0 イサキ 29.0cm
グレ長寸 廣畑 佳和
エイジア0
口太グレ 39.0cm
グレ重量 濱田 竜也
ゼクトM0
口太グ2匹 1410g

【大会フォトギャラリー】
決勝戦前握手 鈴木選手WFG代表決定表彰
新川選手準優勝表彰 古川氏イサキ他魚
廣畑氏グレ長寸39cm 濵田氏グレ重量


カテゴリー: 全ての報告, 和歌山県支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 18 =