釣研FG長崎県南支部 WFGチヌ支部予選会

写真1
【支部】長崎県南支部
【日時】2018年 11月11日(日)
【参加者】3名
【レポート】久田政司

11月11日(日)、畝刈港に集合し、キャノンボール方式で予選会を実施。参加者3名が受付を済ませ、各々がポイントへ向けて出発した。検量は13:00~13:30、3匹までの重量(キビレ含む)で勝負を決める。
私は釣潮丸を利用し、西大瀬に上礁。深めのポイントを狙い、底を釣るが、終始クロが邪魔をする。クロは手の平から足裏まで。ラスト1時間前に浅めのポイントにかえると1投目にあたりだったヘダイであった。雰囲気はいいのだが、本命を見ることなく時間となった。
 港に帰ると残りの2名も戻ってきた。2人は大村湾に行っていたようで、メイタ含み数枚が釣れていた。この時季の大村湾はメイタが多いが、確実な釣果を求めるなら大村湾がよかったかもしれない。結果は以下の通りで、吉山会員が切符を手に入れた。

優勝(支部代表) 吉山正蔵 2匹1610g 1匹長寸43㎝  
使用ウキ瞬黒0号
2位(次点)   片町祐樹 1匹 530g 1匹長寸32㎝

【大会フォトギャラリー】
写真2 写真3


カテゴリー: 全ての報告, 長崎県南支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 13 =