第26回 WFGグレ青年部予選会結果

集合写真
【支部】青年部
【日時】2020年2月23日(日)
【場所】愛媛県日振島
【参加人数】8名
【報告者】新 祐一郎

第26回WFGグレの青年部出場枠をかけ、愛媛県日振島で予選会を行った。
予選ルールは規定サイズなしの10匹総重量で、上位3名が決勝進出となる。
活性の高い魚を効率的に狙うか、一発勝負で良型を狙うかの選択が勝負のポイントとなった。
大会当日は、前日の前線の影響でかなりの強風。各選手苦戦を強いられたようだが、その中でも半数にあたる4名に釣果があった。
1位抜けしたのは、参加者中最年少18歳の阪神支部 泉選手。1匹ながら41.7cm・1,260gの良型だった。2位は予選最多匹数となる6匹を釣り上げた高知県支部の木村選手。総重量は1,000gだった。3位は第2回WFGチヌの覇者でWFGグレでも3位入賞経験がある徳島支部の野口選手。3匹910gだった。本部統括支部の山口選手は34cm730gのグレを釣り上げていたが、規定サイズなしという今回のルールで残念ながら決勝進出とはならなかった。
決勝会場となったのは「3番」。
徳島支部長で釣研インストラクターでもある森井支部長より境界線等の説明があり、釣り座は左に野口選手、真ん中に木村選手、右が泉選手で開始となった。
決勝は1ラウンド40分×3ラウンド、合計120分での総重量(規定サイズなし)で争われる。
開始20分、左の釣り座に入っていた野口選手がアタリを捉えた。余裕のやり取りで取り込まれたのは35cm程度のグレだった。
その後、1R終了間際に右の泉選手が大きく竿を曲げたが、これは小型のカンダイ。
その後も、強風が吹く中、懸命に竿を振る選手たちであったが、アタリをとらえることはなく、そのまま終了となった。
決勝で唯一の釣果800g34.6cmを釣り上げた野口選手が第26回WFGグレ青年部枠の出場権を手に入れた。
決勝結果
優勝  徳島支部 野口選手 800g・1匹・34.6cm
準優勝 阪神支部 泉選手(釣果なし)
3位  土佐県支部 木村選手(釣果なし)
※2位・3位は大会規定による

大会にご協力頂きました、はまざき渡船様、森井支部長、誠にありがとうございました。
【大会フォトギャラリー】
野口さん優勝賞状                                               野口さん優勝魚
野口さん優勝賞状 野口さん優勝魚
泉さん2位賞品                                                    木村さん3位賞品
泉さん2位賞品 木村さん3位賞品
決勝3名                                                                 決勝竿曲げ
決勝3名 決勝竿曲げ
決勝検量                                            決勝長寸
決勝検量 決勝長寸


カテゴリー: 全ての報告, 青年部, WFG パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − five =