釣研FG富士山支部 第23回WFG予選大会

20161127集合写真
【支部】富士山支部
【日時】2016年11月27日(日)
【場所】静岡県南伊豆町入間 日吉丸様
【参加人数】18名
【レポート】富士山支部 木村雅和

【天候】曇り
【規定】
(1) 同礁者に危険が生じた場合、その救助を最優先とする。
(2) 規定寸法に満たない魚は、その場でリリースすること。
(3) 沖上がりは14:00とする。
(4) 25cm以上、3匹の総重量で検量する。
(5) 同重量の場合は匹数が多い選手とし、それでも同率の際は最大魚の長寸で決する。

【レポート】
11/27(日)、WFG選考会を静岡県南伊豆町入間で開催しました。
集合時間の5時前、釣行には少しツライ雨模様でしたが、
乗船時刻が近付くにつれ雨は上がっていき、沖上がりまで持ってくれました。
今回の参加者は18名。他クラブの例会も重なり、港は賑やかでした。
他船を含め大人数だったため、磯割りを心配しましたが、
日吉丸船長の計らいでメンバーは入間指折りの磯へ渡礁できました。
水温は20℃強。11月初旬に比べて下がってきたものの、まだ若干温かい感触でした。
このためか近況は芳しくないとの事で、メンバーはウデの見せどころです。。
磯ごとに潮流に違いはありましたが、前半は上り・後半下りの中、釣行開始。
私の磯は3名の割振りでしたが、同礁した方達は1投目から竿を曲げておられました。
時折、何の太刀打ちも出来ないギューちゃんが出没。私も3発ヤラレました‥
好釣はお昼前まで続き、イサキ混じりで素針を引く事は数える程度。
隣の磯も同様に竿が絞られており、前情報を覆す好釣ぶりでした。
この状況下WFG出場権を獲得されたのは、いぶし銀光る鈴木政広前支部長。
1000釣法で最大38cmを頭にリミットメイク。
続いて準優勝は、副支部長の吉田通明さん。
小粒ジンタンを3段打ちし、磯際で確実に魚の口元へ付け餌を届けました。
3位は長澤孝至さん。前回懇親会に引き続き、40cmオーバーをGET。今回最長魚です。
B浮力にガン玉G2で、張って待った結果です。
これら釣法を釣行後にメンバーへ周知され、当支部のボトムアップに貢献下さいました。
他メンバーの釣果は以下の通りですが、いずれも僅差で誰がトップを獲ってもおかしくない
非常に満足いく大会になりました。

大会検量結果
順位 氏   名 匹数 重量(g)
優勝 鈴木政広 3 2,165
準優勝 吉田通明 3 2,090
3位 長澤孝至 3 1,950
4位 木村雅和 3 1,890
5位 土屋義行 3 1,820
6位 森下昭道 3 1,775
7位 鈴木 進 3 1,725
8位 前田英彰 3 1,715
9位 前川真弘 3 1,620
10位 秦 正人 3 1,580
11位 岡村 律 3 1,460
12位 鈴木健二 2 1,380
13位 大竹聖利 3 1,340
14位 山梨誠己 2 1,230
14位 岡田和也 3 1,230
16位 増田高敏 3 910
17位 飯塚 明
17位 市川 卓

優勝 鈴木政広会員
優勝者
準優勝 吉田通明会員
準優勝者
3位 長澤孝至会員
第3位


カテゴリー: 全ての報告, 富士山支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − one =