釣研FG若狭支部 第26回WFGグレ 支部セミファイナル

image6
【支部】若狭支部 若狭地区
【日時】2019年12月1日(日)
【場所】三重県尾鷲市 尾鷲の磯
【参加人数】6名 
【レポート】若狭支部 支部長 藤野幸嗣

 2019年度釣研WFGへ参戦すべく、若狭支部代表選手を決めるセミファイナルを三重県は尾鷲に磯で開催しました。
 今年は予定していた大会が荒天により2回も流れ、結果4月開催の三浜大会と11月開催の音海大会での釣果ポイントで上位8名を選出してのセミファイナルを計画しました。ただ、年末とあって急な所用で2名の欠席者が出て最終6名での戦いとなりました。人数が少なくなった為、参加者皆さんと協議し、1回戦(2名対戦)で勝ち上がった3名で決勝を行い、優勝者を決める事としました。
 1回戦は湾内磯のグンカン、イノハナ、小山の地の3つの磯に各2名磯上がりして90分ハーフで戦い、決勝戦の磯場グンカンに集結し検量を行った。
 1回戦では良型サイズは出ずに25cmまでのグレが沢山釣れていてほぼ僅差での戦いとなった。決勝へ駒を進めた三選手は高橋選手、湯田選手、中川選手だ。
決勝では先ず全員で釣り座のポイントを確認。ジャンケンで磯場を決め45分ハーフでの戦いが始まった。
 1回戦では適度にグレが釣れていたが決勝戦ではグレの当たりが渋くなり1尾釣り上げるのに三選手はあの手この手と釣り方を変えて、1尾づつ釣果を上げていく戦いとなりました。
決勝結果は次の通り
優勝 高橋元樹 3190g 10尾 使用ウキ:エイジアマスターピース 02
2位 中川文周 2990g 10尾 使用ウキ:エイジアマスターピース 0
3位 湯田尚弘 2340g 10尾 使用ウキ:エキスパートグレZ 0C
見事、高橋元樹さんが2019年度WFG若狭支部代表選手として参戦していただく事となりました。高橋さんおめでとうございます。
今年の反省を踏まえ、来年度はいろんな趣向を取り入れていこうかと皆で話し合い、参加者は少ないものの楽しく有意義な1日を過ごす事が出来ました。
来年度は若狭の各磯での大会を増やし皆さんとの交流を増していきたいと考えております。また若狭支部では新規会員様も随時募集しております。気兼ねなくご参加頂けます様宜しくお願い申し上げます。

釣研FG若狭支部セミファイナル大会協力渡船店 
 ゆき丸渡船(三重県尾鷲市 TEL:090-9170-8944)
【大会フォトギャラリー】
image1 image2 image3 image4 image5 image7


カテゴリー: 全ての報告, 若狭支部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 1 =